リバテープ製薬株式会社

製造ラインを新設し消毒剤を増産

─昨年、新型コロナウイルス感染症対策としてアルコールの製造ラインを新設されました。

星子 当社は以前から医療機関向けに消毒用アルコール製剤の製造販売を行っていました。コロナ対策の一環で県からの助成を受け昨年7月、手指消毒用アルコールの製造ラインを本社工場に新設し、新製品を発売しました。本社工場、第2・第3工場の消毒剤製造ラインを24時間フル稼働することで、医療機関や介護施設、さらに通販サイトを通じて、個人のお客さまにもスピード感を持って商品をお届けすることができたと感じています。また県民の皆さまのお役に立ちたいという思いから、コロナ対策や熊本豪雨の被災地支援として、県にアルコール除菌液を寄贈しました。

─医療機関向け製品のシェアが伸びています。

星子 当社は1878(明治11)年に創業し、1960(昭和35)年に家庭用絆創膏を発売、現在は医薬品や医療用処置材料をはじめ、化粧品などの分野にも事業を展開してきました。近年では注射絆や止血絆など、医療機関向け製品が売り上げを伸ばし、売り上げ全体の52%を占めています。中でも当社が開発し、主力商品である綿棒消毒剤「スワブスティック」は、その品質や利便性が高い評価を受け、全国の主要病院の約7割で使用されており、当社の注射絆とともに全国トップシェアを維持しています。今年6月には、医療機関からの受注増に対応し、止血絆の製造ラインを本社工場に増設する予定です。3年後には第4工場の新設計画もあり、さらなる生産性向上を目指します。

代表取締役社長 星子 邦久氏

─熊本の地域性を生かした化粧品も人気です。

星子 化粧品事業では、主力商品である馬プラセンタ配合の美容液「リマーユプラセラ原液プレミアム」をはじめ、馬油成分配合の「リマーユ」シリーズ、スイゼンジノリ抽出の保湿成分を配合した「咲水」シリーズを通販で展開しています。いずれも地元の天然由来の素材を使ったオリジナル商品で、肌が弱い人にも安心して使用いただけると好評です。

─人材教育にも力を入れています。

星子 定期的な勉強会や階層別研修などを行い、若手社員を中心に全部署でコミュニケーションの自己発信に努めています。新卒3年後の離職率は一般的に約4割といわれていますが、当社はおかげさまで離職者が少ないことも強みだと思っています。企業にとって一番大事なのは〝人〟です。今春、数人の新入社員を迎えますが、社員一丸となってさらに成長していきたいですね。

菊池市七城町の熊本第3工場

概要

所在地 〒861-0136 熊本市北区植木町岩野45
【電話】096(272)0631
設立 昭和35年5月(創業 明治11年)
資本金 1億円
業務内容 医薬品、医薬部外品、医療機器、化粧品の製造販売
役員 代表取締役社長/星子邦久
常務取締役/橋爪 淳
取締役/池田淑哲、毛利 進、杉原正博、
尾﨑太郎、岸本辰也
監査役/杉山宏治、田中寿之
従業員数 290人
営業所 東京支店、大阪支店、熊本営業所
工場 本社工場、熊本第2工場・熊本第3工場(菊池市七城町)
関連会社 メディファイン(株)
ホームページ http://www.libatape.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。