ミリーヴグループ

40周年迎え、独自性打ち出し変革を

─今年は創業40周年の節目を迎えられます。

川口 昭和56年に明和不動産を黒髪町(現熊本市中央区黒髪)に創業して以来、住まいに関わる事業を展開し、今年で40周年を迎えます。これも皆さまのご支援とご協力の賜物と心より御礼申し上げます。日頃の感謝の気持ちを込めて40周年を記念したキャンペーンなどを実施していきたいと思います。

─新オフィスビル「ラモンテ」が完成予定です。

川口 当社は不動産仲介業からスタートし、現在では不動産管理、資産運用コンサルティング、マンション開発などにも事業領域を広げています。その中で、昨年新たに「一棟完結型のオフィスビル」の企画・販売を開始しました。今年の春に〝相続〟をコンセプトとした第1号が完成予定です。建物は10階建て(所在階=2~10階)の鉄骨造りで、全てオフィス(事務所)フロア。保険会社や税理士、国際弁護士、司法書士など、相続に関する士業者が入所を予定しています。当ビルが目指したのは、顧客である投資家の皆さまが事業承継から相続、信託、M&A(企業の合併・買収)などの幅広い分野をワンストップで相談できる環境を提供することです。

会 長 川口 雄一郎氏

─業務の電子化にも取り組んでおられますが、進展具合はいかがですか。

川口 3年ほど前より不動産賃貸借契約における一連のプロセスの電子化に取り組んでおり、現在では管理物件の対象契約(法人契約等は除く)のうち90%以上が電子による取引です。このように業務をデジタルシフトしたことで、社内の業務効率が格段に上がっています。さらに対外的にはオーナー様専用の端末機器「オーナータブレット」の配布を計画しています。オーナー様はこの端末上で月々の送金明細の確認や各種セミナー動画の視聴、保険相談などが簡単な操作で可能となり、物件の保全・修理などの業者発注に関する承認もボタン一つで完了するようになります。

─2021年は大きく変わる年になりそうですね。

川口 1700年代以降複数回起こった産業革命により、動力源は石炭から電気・石油へ。また、自動車、コンピューターが発明されるなど時代の主役は常に変化してきました。そして情報通信の時代である現在は、「繋がる」というキーワードと共に、新たな産業革命のまっただ中です。今年は社会全体において電子化による業態変化が一気に加速する年になるでしょう。このような時代の変化に柔軟に対応し、電子化への取り組みに関しては、当社だけにとどまらず業界全体を牽引していきたいと思います。

ミリーヴグループの40周年のロゴマーク

概要

所在地 〒860-0804 熊本市中央区辛島町4-35
【電話】096(322)8705
事業内容 不動産関連事業、保険事業、遊休地活用事業、通信・デジタル事業
総従業員数 367人
グループ会社・支店 株式会社明和不動産
【売買】熊本本社、中古住宅専門店ガラリト、福岡
【賃貸】熊本大学前、大江、下通、平成、県庁東、熊本北、光の森、水前寺、日赤通り、熊本中央、熊本駅、SAKODA熊本宇土、浜線バイパス、熊本東健軍、肥後よかモン市場、薬院、天文館、鹿児島中央駅西口広場前、鹿児島大学前、鹿児島宇宿
株式会社明和不動産管理(熊本本社、福岡、鹿児島)、
株式会社メイワリーベル(熊本本社、東京、福岡、鹿児島)、
リネクト株式会社(熊本本社、東京)、
株式会社メイワライフリード、リヴォート株式会社、ミリーヴ株式会社
ホームページ https://www.milive.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。