株式会社テレビ熊本

変化を見極め、新たな可能性を追求

─昨年を振り返られていかがでしたか。

河津 新型コロナウイルスの世界的規模の感染拡大と、自然災害の脅威に大きな影響を受けた一年だったと思います。報道機関の使命を改めて実感するとともに、困難な中でも前を向くたくさんの姿に触れ、地元放送局として何ができるのかを思案する日々でした。当社においてもイベントは全て開催中止や延期を余儀なくされるなど、経験したことのない状況が続きました。感染予防対策を講じた上で再開できたのは8月下旬です。その後も知恵を絞り、新たな手法を模索しながら臨んでいます。

─初めて挑戦されたこともあったようですが。

河津 「熊本復興文化祭」は、合唱や吹奏楽など文化活動の発表の場を失った中学・高校生を応援したいとの思いから、文化庁の「ジャパン・ライブエール・プロジェクト」の一環として開催しました。会場に足を運べない方々へのライブ配信も行い、参加した生徒の皆さんだけでなく、指導された先生や保護者の方からも多くの感謝の言葉を頂きました。また、在熊各局が賛同し、休校中の子どもたちの学習支援として放送したテレビ授業は、全国的にも注目される画期的な試みとなりました。今後につながる大変意義のある事例になったと思います。

代表取締役社長 河津 延雄氏

─さまざまな社会要因により、変化が求められていますね。

河津 放送局の存在意義や責務が大きく変わることはないと考えますが、さまざまなデバイスの出現と、加速するデジタル技術の革新により、私たちのライフスタイルは大きく変貌し、同様にテレビ局の形態も新たな局面を迎え進化が求められています。さらなる可能性を見いだし、事業成長につなげていきたいと思います。

─今後のイベント・番組について伺います。

河津 昨年末にスタートした「Hello,ONE PIECE展」は1月11日までの開催となります。1月17日には、「郷土の偉人シリーズ」28作目となる、天草市出身の女性医学博士・宇良田唯の生涯を描いたドキュメンタリードラマを九州ブロックネットで放送します。7年前から参画している総務省の「放送コンテンツ海外展開強化事業」では、昨年のフランスに続き、今年は台湾での番組放送が決定しています。海外からの観光事業推進を目的とし、県内の豊かな自然や食の魅力を世界に発信していきます。一日も早い新型コロナウイルスの収束を願い、これからも地域経済の発展に寄与し、文化の向上と県民の安全な生活のため尽力してまいります。

ふるさと熊本に寄り添う「TKUライブニュース」。月~金曜午後3時45分~、熊本のニュースは午後6時9分~放送

概要

所在地 〒861-5592 熊本市北区徳王1丁目8-1
【電話】096(354)3411
設立 昭和43年3月
事業内容 民間放送業
資本金 3億円
役員 代表取締役会長/本松 賢
取締役副社長/加藤友信、中田安優 常務取締役/伊藤典昭
取締役/井澤利治、河津悦雄、高橋光宏、柴田建哉、小川晋一、伊東 亮、中山峰男
監査役/梅﨑輝也、鍋田達男
顧 問/杉山幸宏、北里羊三郎
従業員数 65人
支社 東京、大阪、福岡
関連会社 (株)TKUヒューマン、(株)熊本リビング新聞社、(株)リビングポスティング熊本
ホームページ https://www.tku.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。