株式会社テクノクリエイティブ

新体制でグローバル展開に臨む

─創立22年目を迎えられましたが、改めて事業内容を話していただけますか。

三嶋 テクノクリエイティブを設立したのは1999年、人材派遣業の「総合プラント」を始めて12年目の時です。当時、テレビはブラウン管、パソコンはデスクトップが主流で、スマートフォンも世の中には存在しませんでした。それでもこれからはITの時代だと確信し、40代で会社を立ち上げました。私自身、〝IT企業の社長〟と言われるようになりたいという気持ちがあったのも事実です。以来、技術イノベーションの激しい業界で、常にベンチャー企業という気持ちを忘れずに事業を拡大させてきました。現在は、IoT(モノのインターネット)・ICT技術を中心としたソフトウエア開発、IT関連企業の業務請負、IC・半導体関連企業の総合請負などを主な事業内容としています。熊本本社をはじめ東京、名古屋、大阪、北九州、福岡、久留米、大分の全国8カ所に営業拠点を展開し、約1000人のプロフェッショナルのエンジニアを擁しています。弊社の強みは何と言っても、優れたプログラマーやSE、ハードウエアやネットワーク構築を行う技術者が多種多様な分野で活躍していることです。近年は同業異種企業のM&Aも積極的に行いながら、自社製品開発にも取り組んでいます。

─経営者として大切にしていることは。

三嶋 経営する上で何より大切にしていることは〝誠実さ〟です。さらに、夢を持つこと。私自身もこれまで常に夢や目標を持って会社を成長させてきました。だからこそ、社員にも夢を抱いてもらいたいと思っています。世の中が大きく変わろうとしている今は、新たなチャンスを手に入れられる時機でもあります。そのためにも、与えられた時間を有効活用し、「何かに挑戦しよう」「行動しよう」という気持ちを持ち続けてほしいですね。

代表取締役 三嶋 一秀氏

─今後の展望をお聞かせください。

三嶋 2年半前に「5年後、年商100億を目指す」という目標を設定し、それを具体化させるために総合プラントの社長を交代。昨年10月に新体制でスタートしました。コロナ禍にも関わらず、今年度はまずまずのスタートが切れました。今期の売上高43億円という目標を達成できるよう、社員一丸となって頑張っていきます。経済が一時的に落ち込む時期はあると思いますが、時代に敏感に対応していけば、また違った形でのビジネスチャンスが必ず生まれます。今後も積極的にM&Aや海外展開などを仕掛けながら、夢を実現させていきたいですね。

県庁通り入り口交差点にある熊本本社ビル

概要

所在地 〒862-0956 熊本市中央区神水2丁目9-1
TECHNO-CREATIVEビル
【電話】096(386)2360
事業内容 総合エンジニアリング、システムインテグレーション事業、ファクトリーアウトソーシング事業、BPO事業、製品開発、R&D事業、教育・研修事業、人材派遣事業
設立 1999年9月
資本金 5,000万円
従業員数 967人(2020年9月現在)
支店営業所 東京支社、名古屋営業所、大阪営業所、北九州営業所、福岡営業所、久留米営業所、大分営業所
関連企業 (株)総合プラント、(株)松濤
ホームページ https://www.techno-creative.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。