大熊本証券株式会社

顧客の大切な資産をトータルケア

─新型コロナウイルス感染拡大は、証券業界にどのような影響を与えましたか。

出田 株式市場にはコロナの影響が現れるのが早く、昨年3月の時点で株価は底を打ち、比例して当社の業績も底を打ちました。その後、日米欧の中央銀行が金融緩和政策を早急に打ち出したことで、4月からの株価は上げ基調に。「今がチャンス」と資産運用を始める新規のお客さまが増え、また既存のお客さまの取引数も多くなっています。こうした状況から、今年3月期には営業収益で前期比増収を見込んでいます。

─近年、新しいビジネスにも取り組まれています。

出田 資産運用だけでなく、お客さまの資産をトータルケアするための体制整備を進めてきました。例えば、企業のM&A(合併・買収)支援、相続関連の生命保険販売などが新たに始めたビジネスです。また、最近ではアメリカ株が好調なことから、〝海外株式市場〟〝アメリカ株〟といったテーマに詳しい東京・大阪の講師による「Zoomセミナー」をこれから開催する計画です。さらに、相続や事業承継などの相談についてもZoomなどを活用してオンラインで対応できる仕組みづくりを進めています。金融商品では、オプション取引を使った金融派生商品などの「オーダーメード型商品」を質量ともに強化していこうと考えています。

代表取締役社長 出田 信秀氏

─産学連携プロジェクトに参加されているとか。

出田 県外の一般社団法人と提携し、産学連携プロジェクトを進めます。これは企業が抱える技術的な課題に対し、全国の大学から解決のアイデアを募り、企業とのマッチングを行い事業化を目指すという取り組みです。既に一部の都道府県ではこの取り組みが始まっており、当社が県内企業の相談を受ける窓口になります。今後、当社の取引先にもご紹介できる有益なサービスの一つになるでしょう。

─事業への思いや目標をお聞かせください。

出田 1年前から若手提言会議という仕組みを導入し、発言の機会を増やすようにしています。提言は職場環境や待遇、顧客サービスなど何でも構いません。これまでに半数近くが採用されており、採用されなくてもその理由をフィードバックしています。経営について考えるなど社員の自覚を促し、職場の団結力が高まったと感じます。多様化する顧客ニーズに対応できるよう、当社は事業領域を拡大して顧客接点を増やしています。その中で社員たちには、良質な情報と的確なアドバイスを迅速に届ける姿勢で、お客さまに接してほしいと考えています。

大熊本証券本店

概要

所在地 〒860-0807 熊本市中央区下通1丁目7-19
事業内容 国内外の株式、債券、投資信託等の取り扱い
設立 昭和22年(創業 昭和11年)
資本金 3億4,356万円
役員 会長/出田信行
代表取締役社長/出田信秀
常務取締役/村上圭一郎
取締役管理本部長/池尻 修
取締役監査部長/中村浩一
従業員数 57人
ホームページ https://www.daikumamoto.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。