崇城大学

デジタル社会へ 情報学科を改編

─情報学部情報学科が改編され、新たに3つのコースを新設されました。

中山 社会のあらゆる分野でデジタル化が進展する中、コロナ禍によって一足飛びにデジタル社会が到来した観があります。本学は2020年4月に情報学部情報学科を改編し、「未来情報コース」「知能情報コース」「電子通信コース」の3コース編成としました。IoT(モノのインターネット)や多種多様で膨大複雑なデータをAI(人工知能)で制御する仕組みなど、最先端のICT(情報通信技術)を学びます。本学としては地域の課題を解決できる人材の育成を目指しており、新たな学問領域の改革や社会貢献にも力を入れています。国は文系や理系を問わず、数学理論や統計と情報技術の組み合わせによって社会にあふれるデータを読み解く力を養う「数理・データサイエンス」を学ぶことを推奨していますが、本学では国に先駆け、全学部で基礎的な実践力を身に付けられるカリキュラムになっています。

─新たに「IoT・AIセンター」を設けられましたが、どのような施設ですか。

中山 各種センサーやカメラ、プロジェクターなどのIoT機器を配置した「IoT・AIセンター」内で、IoT・AIシステムの構築など実践的なプログラミングを学べます。また、プレゼンやアナウンスなどのスキルを学べる「プレゼンテーションスタジオ」や番組制作ができる「放送スタジオ」も設け、アクティブラーニングに効果的な環境を提供しています。このセンターを地域創生に向けたイノベーション創発や人材育成の核となる施設にしたいと考えています。

理事長・学長 中山 峰男氏

─エアラインパイロットを養成する宇宙航空システム工学科の航空操縦学専攻は超難関だそうですね。

中山 2020年の志願倍率は約20倍となり、毎年、全国から優秀な学生が入学してくれています。本学は国内一貫教育を実施しており、コロナ禍でも順調に訓練を行っています。航空業界は苦境にありますが、パイロットが大量に不足する「2030年問題」を見据え、航空各社は優先的にパイロットになる人材を採用しています。

─今年はどんな年になりそうですか。

中山 新型コロナウイルスを克服して、学生や卒業生がグローバルに輝ける素晴らしい年になってもらいたいですね。学生たちがキャンパスに集って課外活動も行える、本来の充実したキャンパスライフが送れるようになることを心から願っています。

概要

所在地 〒860-0082 熊本市西区池田4丁目22-1
【電話】096(326)3111
設立 昭和24年4月電気・電波学校創設
昭和42年4月大学開学(旧熊本工業大学)
学園構成 【大学】
●工学部
機械工学科、ナノサイエンス学科、建築学科、宇宙航空システム工学科(宇宙航空システム専攻・航空整備学専攻・航空操縦学専攻)
●芸術学部
美術学科、デザイン学科
●情報学部
情報学科
●生物生命学部
応用微生物工学科、応用生命科学科
●薬学部
薬学科(6年制課程)
【大学院】
●大学院工学研究科
●大学院芸術研究科
●大学院薬学研究科
ホームページ https://www.sojo-u.ac.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。