株式会社セルモ

多様なニーズに応えるサービスを

─コロナ禍による冠婚葬祭への影響は。

岩上 昨年3月から婚礼の延期が相次いでいます。当社は政府の緊急事態宣言が出される前に協議し、キャンセルや延期に伴う費用、発送済みのペーパーアイテムなどロスが出た費用などについて全て当社が負担することを決めました。また11月には、県内ブライダル業界の横断的組織として「くまもとブライダル協議会」が発足しました。業界としてお客さまに安心して挙式・披露宴を行っていただくためにコロナ禍におけるガイドラインを設け、今後は行政に向けた提言活動なども進めていく計画です。葬祭においては〝3密〟を避けるため、読経時は家族だけにし、参列者は着席せず焼香のみ行ってもらうよう流れを変えました。今年2月には、以前からお客さまのご要望が多かった訃報の通知をオンラインで送る「訃報連絡システム」を導入予定です。このシステムでは、訃報の通知だけでなく、やむを得ず参列できない方は、弔電や供花、香典を、喪家さまからは会葬礼状や返礼品を送ることができます。さらに、故人との思い出の写真を送り合って互いにしのび合えるようなサービスの展開も予定しています。

─近年の新たな取り組みを教えてください。

岩上 コロナ禍で進んだオンライン需要に対応するため、お花や返礼品、法事のお弁当などのオンライン販売を行うECサイトの立ち上げ準備をしています。ハード面では、4月に開業するJR熊本駅ビルに、長崎県の同業者メモリードと共同で結婚式場「ザ・フォレストテラス熊本」をオープンさせます。ナチュラルテイストを意識した雰囲気の良い会場に仕上がったと思います。さらに今年は、中央区帯山にキッズランドと撮影スタジオを併設した複合施設の建設を始め、2022年にオープンさせる予定です。さまざまな人生の節目でライフフォトを楽しみながら、子育てママが癒やされるようなサロンにしたいと考えています。

代表取締役社長 岩上 梨可氏

─今年の抱負をお聞かせください。

岩上 私たちの仕事で大切なことは、お客さまとの間で感情の共有・共感ができること。そのためには、知識や経験など引き出しを増やしていくことが重要だと考えます。今年は「終活カウンセラー」の資格取得を奨励し、スタッフに相続のことや、これからを健康に生活していくための相談に応じるスキルを身に付けてほしいと考えています。コロナ禍で大変な時期ですが、「取り組もう 前向きに。楽しもう 全力で。」をテーマに取り組んでいきます。

昨年オープンした「レストラン アークエンジェル」

概要

所在地 〒860-8567 熊本市中央区世安町155
【電話】096(362)3390
事業内容 冠婚葬祭互助会
資本金 1億円
役員 代表取締役社長/岩上梨可
取締役/平野次秋、丸山征也、松村 孝、八ヶ代博人
関連従業員数 1,300人
主な事業所 熊本本社、鹿児島支社、大分支社、八代支部、玉名支所、人吉支所、ホテル夢しずく・別邸蘇庵、スタジオPRIMA
関連会社 (株)YSトレーディング、(有)アート企画、(有)セルモ花一、(株)シグナル交通、(株)JEC
ホームページ https://celmo.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。