医療法人社団 仁誠会

「心ひとつ」に医療・介護を支える

─仁誠会の特長や取り組みについてお伺いします。

田尻 仁誠会は、医療・介護サービスとして複数のクリニックと介護施設を運営しています。「仁誠会クリニック」では、血液透析治療に特化した医療を行っており、患者さんの楽しみや生きがいに着目したケアプランを作成して治療にあたっています。“地域に根差した施設”を目指す「ケアセンター赤とんぼ」では、現在はコロナ禍で一時中止していますが、「健康講話」等を通じ、介護保険制度の仕組みや介護予防活動についての理解を推進しています。また昨年、「仁誠会クリニックながみね」に地下水膜ろ過システムと透析熱回収ヒートポンプシステムを導入しました。ろ過した井戸水を人工透析治療に使うほか、災害など有事の際における医療体制の維持と、地域住民の方々への生活用水の提供を可能としました。さらに透析排水を熱エネルギーに転換し、CO2排出を削減することで、環境保全も意識しています。

─働きやすい職場作りに力を入れていますね。

田尻 私たちは「心ひとつ」を合言葉に、医療・介護のスペシャリストが連携したチーム医療体制のもと、家族のように働ける職場を目指して環境整備を行ってきました。2015年、高いレベルで子育て支援をする企業として厚労省の「プラチナくるみん」に県内初の認定を受けました。2017年には、従業員が働きやすい職場環境づくりに積極的な企業として「ブライト企業」の認定も受けました。男性の育休取得や企業内保育所開設のほか、「働き方改革」として1日7・5時間勤務体制へ挑戦をしています。また、昨年から職員同士が感謝の気持ちを伝え合う「サンクスギフトアプリ」を導入しました。感謝し合う風土が育まれ、職員のやりがいが増し、離職率低下につながる効果も感じています。

理事長 田尻 哲也氏

─今後の目標をお聞かせください。

田尻 「心技体の向上」に、継続して取り組みます。心に関しては、謙虚で素直な心を創造する、感謝し合う風土づくりの継続。さらに他者に貢献することを自分の喜びに思う心づくりを目指します。技に関しては、看護や技士、介護のスペシャリストとして各人が各部門で日々精進していくこと。体に関しては、自己管理を怠らず、法人内のサークルを通して体力づくりを行い、組織としての健康力アップにつなげていきたいですね。今年度も、SDGsを意識した取り組みを行いつつ、トライ&エラーの精神で、患者さんや利用者さん、ひいては職員一人ひとりの人生を輝かせることを目指していきます。

ケアセンター赤とんぼ、仁誠会クリニックながみね

概要

所在地 〒861-8043 熊本市東区戸島西2丁目3-10
(仁誠会本部)【電話】096-360-7112
設立 1981年8月1日
事業内容 医療、福祉(クリニック・介護施設等)
従業員数 375人
施設 ●仁誠会クリニック(黒髪、大津、新屋敷、ながみね、光の森)●介護老人保健施設ケアセンター赤とんぼ●赤とんぼ黒髪(通所リハビリテーション、住宅型有料老人ホーム)●赤とんぼ長嶺(介護付き有料老人ホーム、小規模多機能ホーム)●赤とんぼ大津(通所リハビリテーション、住宅型有料老人ホーム)●赤とんぼ居宅介護支援事業所●赤とんぼ訪問介護事業所●赤とんぼ訪問看護ステーション●企業主導型保育園赤とんぼ保育園
ホームページ https://www.jinseikai.or.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。