株式会社サイバーレコード

EC×ふるさと納税で地域課題解決

─ECサイト事業とはどのような内容ですか。

増田 お客さまの出店サイトの売り上げ増を図る運営代行が主体です。ECサイトでは専門知識や初期投資が必要なので、お客さまと一緒になって売り上げを伸ばしていく意識で代行運営します。初期費用ゼロでお客さまの負担がない代わりに、下限設定はありますが、売り上げに応じてマージンを頂くシステムです。当社の強みは、アマゾンとは連携企業として、また、楽天やヤフーなどの大手プラットフォームとはパートナー契約を結んでいることです。

─ふるさと納税事業は好調のようですね。

増田 個人版のふるさと納税事業では大手プラットフォーム「ふるさとチョイス」の九州エリア正規パートナー、楽天ふるさと納税でもRMSパートナーとして認定されています。九州の数十自治体と契約。九州・沖縄のシェアはトップクラスまで拡大しております。ふるさと納税の良さは寄付の返礼品を受け取った人が商品をECでリピートしたりその地を訪れるなど、当社の一番の目的も本事業を通じて地域の課題を解決し、活性化することです。

代表取締役社長 増田 一哉氏

─企業版ふるさと納税事業にも参入されました。

増田 カルティブ社の「リバー」で九州エリアパートナーとして認定されました。寄付したい企業と自治体のマッチングを行いますが、寄付金を何に使うかも重要となります。そこで、地域への思いが強い地元の新聞社や銀行と連携し、地域の課題解決のためのプランづくりにも取り組みます。

─今後の抱負をお聞かせください。

増田 地域の課題解決にしっかり取り組み、コロナ禍明けは中国の大手プラットフォームに九州の商品を出店する越境ECに着手します。売り上げ構成はECサイトと個人版ふるさと納税で半々ですが、いずれ企業版と越境ECを加えた4事業で25%ずつにしたいですね。次期は人員拡充を見据えた移転計画もあり、今後のホールディングス化も視野に入れながら、九州一のEC企業を目指します。

同社は令和3年度も人員拡充を見据えている

概要

所在地 〒860-0834 熊本市南区江越2-24-1
設立 2008年8月1日
業務内容 ECサイト運営代行
 ネット通販コンサルティング
 ネット通販受注代行
 ホームページ制作
 個人版ふるさと納税受託事業
 企業版ふるさと納税受託事業
従業員数 88人
ホームページ https://www.cyber-records.co.jp/
Instagram https://www.instagram.com/cyber_records/
採用特設サイト https://www.cyber-records.co.jp/recruit_form

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。