熊本信用金庫

四方良しの精神で熊本経済を活性化

─昨年6月に理事長に就任されました。

井星 当庫は、熊本市とその周辺地域を主な営業区域と定め、地元中小企業事業者や地域住民の皆さまに会員や取引先となっていただいて営業しています。その精神は「相互扶助」を基本理念とする協同組織金融機関です。地域密着をモットーに、きめ細やかな金融サービスに徹し、地域経済の活性化のお手伝いに努めています。「お客さまに満足していただき」「地域経済が活性化し」そして「熊本信用金庫も」「職員も」良くなるという「四方良し」を目指しています。そのためにも重要なのが人材育成です。お客さまが抱えている多種多様な課題に対し、中央機関や関係機関と連携を取りながら、それぞれのライフステージに応じた「伴走型の支援」を徹底したいと思っています。

─新型コロナウイルスの事業への影響、取引先の状況はいかがでしょうか。

井星 昨年は、新型コロナウイルス感染症対応貸付などに追われた一年でした。これまでは、第一段階として「資金繰りを安定化させるための速やかな資金供給」への対応が中心でしたが、これからは第二段階「ニューノーマルに対して新たな経営改善等の計画策定支援」、さらに第三段階「策定された計画と実績の分析、検証、修正、再策定等中長期的伴走支援」の局面に進んでいくと認識しています。熊本経済の持続可能な発展のため、外部支援機関の専門家派遣、よろず支援拠点経営相談会への参加支援、補助金や助成金の情報提供、クラウドファンディングを利用した資金調達・販路拡大策の提案といった幅広い施策を通して、お客さまの実態に応じた解決策をタイミング良く提供していくことが重要です。まさに信用金庫の真価が問われることになると考えています。

理事長 井星 伸一氏

─創業者支援を継続して行っておられます。

井星 熊本地震で被災した本店横の建物を平成30年、起業を応援する創業支援施設「くましんビジネスサポートプラザ」として開設しました。創業・事業化マッチング・女性活躍といった各種セミナーや、個別経営相談会などを開催。1人でも多くの方に起業していただき、持続可能な企業として成長できるよう支援しています。現在、コロナの影響により創業相談は少ない状況ではありますが、創業予定者には創業計画作成支援や創業融資申請のサポートなどきめ細かな伴走支援に取り組んでいます。お客さまの喜びが私たちの喜びとなり、熊本経済の活性化につながるよう、頑張っていきたいですね。

熊本信用金庫本店ビル

概要

所在地 〒860-0808 熊本市中央区手取本町2-1
【電話】096(326)2211
設立 大正12年8月
出資金 10億8,800万円
業務内容 信用金庫業務(協同組織金融機関)
役員 会長/品川良照
理事長/井星伸一
常務理事/橋本雅彦
常勤理事/吉村敏幸、真子秀樹、濵﨑宏紀
常勤監事/桑原昭彦
非常勤理事/吉村浩平、益田敬二郎
非常勤監事/椿喜久雄
職員数 187人
支店 熊本市内および近郊16店舗
ホームページ http://www.kumamoto-shinkin.jp

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。