くまさんグループ 熊本酸素株式会社

グループ全体でさらに連携を強化

─昨年は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うご苦労があったのではないですか。

白瀬 「コロナに負けない!」と社員一同、一生懸命頑張ってくれました。そんな社員の姿に改めて感謝する一年でした。その一方で業務を見直す機会になったと捉えています。社内においては、時差出勤や業務の切り分けなどを進めました。営業では、これまでの訪問スタイルからWeb会議に移行。私たちとお客さま、海外メーカー、商社の4者が誰も移動せずに会議ができるので、決定までのスピードアップにつながりました。重要な案件はトップ同士が直接やりとりをするなど、お客さまとの距離が縮まり、かつ広がりが生まれました。この形が定着していくと感じています。

─グループ会社の「くまさんメディクス」では昨年、新工場が2棟完成しましたね。

白瀬 どちらも半導体製造装置の組み立てを行う工場です。まず7月に大津町の工場が完成し、操業しました。発注元を通して世界各国の半導体メーカーに装置が納められているのですが、新型コロナの流行で世界的にテレワークが拡大していることもあり、フル稼働という状況です。翌8月には県営工業団地・菊池テクノパーク内に同社最大規模となる工場の建設に着手し、先日完成したところです。100人程度の新規雇用を予定しており、県内の雇用創出に貢献できるとうれしく思います。

代表取締役社長 白瀬 貴美子氏

─グループとしての発展が目覚ましいですね。

白瀬 どの会社にも真面目な良い人材が集まってくれているからこそだと思います。熊本酸素本社には階に分かれて各社の事務所があるのですが、おかげさまで人も増え、手狭になってきました。そこで今年早々に増築工事に入ります。各社の事務所をワンフロアに集め、情報共有による相乗効果を図っていきたいと考えています。また、化粧室や食堂なども広く美しくし、より快適に働ける環境整備を進めます。7月には完成する予定です。

─今年の計画、抱負などをお聞かせください。

白瀬 最も大切な人材への投資はもちろんですが、「DX(デジタルトランスフォーメーション)化」を推進したいと考えています。以前からある担当チームに経験豊かなスタッフを加え、社内システムの入れ替えも行っているところです。本社の増築工事とともに、見た目も中身もこれまでとは違う姿をお見せできるのではないかと思います。そして、くまさんグループとしての連携をさらに強化する年にしたいと考えています。

2021年1月稼働予定のくまさんメディクス菊池工場(パース)

概要

所在地 〒861-5522 熊本市北区下硯川町2205
【電話】096(355)3321
事業内容 高圧ガス製造販売および機械工具販売、半導体製造装置販売、ほか
創業 大正7年5月
資本金 1,500万円(グループ計1億4,000万円)
役員 代表取締役社長/白瀬貴美子
取締役副社長/白瀬嗣久
専務取締役/一安裕幸、鳥栖彰孝
取締役/白瀬久美子、白瀬裕久、白瀬景章
執行役員/久保勝則、佐藤光秀、石川一馬、門内久哉
従業員数 2,137人(グループ計)
支店・営業所 福岡営、有明営、久留米営、大分(事)、関東(出)、大津工場、大津プラント工場、大津南工場、ACC工場、川辺工場、テクニカルセンター、旭志工場、平川工場(グループ含む)
関連会社 熊本医療ガス(株)、くまさんガス産業(株)、(株)くまさんメディクス、(株)エムアイティ、美笛軻蘇電子科技有限公司(上海・台湾)
ホームページ http://www.kumasan.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2021 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2021」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。