リバテープ製薬株式会社

医療機関向け製品が成長を後押し

─医療機関向け製品が好調だと聞きました。

星子 明治11年創業の当社は家庭用救急絆創膏に始まり、医薬品、医療材料、化粧品などに事業の幅を広げてきました。近年は医療機関向け製品が売り上げを伸ばし、昨年3月期決算で過去最高を記録。売り上げ全体の53%を占めています。中でも綿棒消毒剤「スワブスティック」、外用消毒剤「スワブパッド」は安全性と利便性が医療機関から高く評価され、全国の大規模・中規模病院の65%で利用いただいています。今後は手術室でも使用できるより高品質の製品を製造・販売し、カバー率を70%に伸ばすことが目標です。医療機関向け製品は電子線滅菌処理など非常に高い衛生レベルが求められます。現在は医薬品を製造する第3工場でラインを増やして生産していますが、今後は新工場の建設も視野に入れながら、受注の伸びに対応していきたいと思います。また、海外での需要拡大を受け、中国や韓国、タイといったアジア圏に加えサウジアラビア、UAEをはじめ中東諸国での展示会や商談会に参加し、広く海外での販路拡大も目指しています。

代表取締役社長 星子 邦久氏

─化粧品の販売にも力を入れておられます。

星子 当社の化粧品は、馬油やスイゼンジノリなど、地元の天然由来の素材を生かしたオリジナル商品です。馬油成分を配合した「リマーユ」シリーズ、スイゼンジノリ多糖体を配合した「咲水」シリーズを展開していますが、馬プラセンタ配合の美容液「リマーユプラセラ原液プレミアム」は特に好評です。化粧品事業では女性社員も活躍し、商品開発からパッケージデザインまで幅広く力を発揮しています。他社製品を製造するOEMも含め、化粧品事業は、家庭用医薬品、医療機関向け医薬品と共に、第三の柱としてさらに成長させたい分野です。

─働きやすい会社づくりに努められています。

星子 階層別研修を採用し、社員一人一人のモチベーションを高め、向上させていく教育を行っています。外部研修を取り入れながら個々のレベルアップを図るとともに、人材確保にも力を入れています。この春、11人の新入社員を迎えますが、若い人たちには「チャレンジすることを恐れず、いきいきとした活力ある会社を一緒につくっていこう」と話しています。運動会や懇親会など社員が一堂に集まって楽しむ場を定期的に開くなど、社員が「自分の子どもたちにも働いてほしい」と思えるような、やりがいを持って働ける職場づくりに取り組んでいます。常にチャレンジ精神を忘れず、前へ進む努力を続けていきたいですね。

菊池市七城町の熊本第3工場

概要

所在地 〒861-0136 熊本市北区植木町岩野45
【電話】096(272)0631
設立 昭和35年5月(創業 明治11年)
資本金 1億円
業務内容 医薬品、医療衛生用品、化粧品の製造販売
役員 代表取締役社長/星子邦久
専務取締役/力武史朗
常務取締役/辻龍太郎
取締役/橋爪 淳、杉原正博、尾﨑太郎、岸本辰也
監査役/杉山宏治、田中寿之
従業員数 290人
営業所 東京支店、大阪支店、熊本営業所
工場 本社工場、熊本第2工場・熊本第3工場(菊池市七城町)
関連会社 メディファイン(株)
ホームページ http://www.libatape.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2020 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2020」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。