崇城大学

〝AI時代〟見据え、情報学科刷新

─情報学科に新コースが誕生するそうですね。

中山 AI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)時代に対応する次世代の人材を育成するため、4月に情報学部情報学科のコースを刷新し、「未来情報コース」「知能情報コース」「電子通信コース」に改編します。学科内には同月、「IoT・AIセンター」も開設予定です。センターは産学官連携の場として、ICT(情報通信技術)・デバイスの開発や運用により社会イノベーションを起こしていく最先端の教育環境を提供します。また、全学生に向けてもAIやIoTへの理解を深める教育に取り組み、データサイエンスの知識を身に付けてもらいたいと考えています。

─パイロット養成は学内一貫教育体制が整っているそうですね。

中山 本学がエアラインパイロットの養成を始めて約10年。今では受験倍率が20倍以上となり、学内で最も難易度が高くなりました。宇宙航空システム工学科航空操縦学専攻は国内で初めて大学内での一貫教育を行い、熊本空港に隣接した空港キャンパスで日々訓練を行っています。現在その認知度やネームバリューが上がってきたように感じます。最近の特長は、女性がパイロットになる夢を抱いて入学してくることです。現在、女子学生が全学年で8人在籍し、専門知識の習得と訓練に励んでいます。私自身も本学を卒業した女性パイロットが誕生することを楽しみにしています。

理事長・学長 中山 峰男氏

─起業家育成にも熱心に取り組んでおられます。

中山 「学生の心に火をつける」をスローガンに掲げています。大学の役割とは、学生一人一人のプラス面や、やりたいことを見つける手助けをし、それらを伸ばすことだと思っています。これらを実現する方法として取り入れているのが「アントレプレナーシップ」(起業家精神)の育成です。全ての学生がアントレプレナーシップを学べる環境を整えていますが、さらに深く学びたいという学生は「起業部」というサークルに入り、各自のポテンシャルを高めています。また、本学が起業家育成に力を入れるもう一つの目的は、この熊本で夢を実現してもらうことです。実際、大学のファンドを使って起業した「株式会社Ciamo(シアモ)」はバイオベンチャーで、現在着実に業績を伸ばしています。来るAI・IoT社会で、新しい価値を創造できる人材に必要なものは発想力です。アントレプレナーシップを身に付けて世に送り出される学生たちが、新しい未来社会を構築してくれると信じています。

概要

所在地 〒860-0082 熊本市西区池田4丁目22-1
【電話】096(326)3111
事業内容 昭和24年4月電気・電波学校創設
昭和42年4月大学開学(旧熊本工業大学)
学園構成 【大学】
●工学部
機械工学科、ナノサイエンス学科、建築学科、宇宙航空システム工学科(宇宙航空システム専攻・航空整備学専攻・航空操縦学専攻)
●芸術学部
美術学科、デザイン学科
●情報学部
情報学科
●生物生命学部
応用微生物工学科、応用生命科学科
●薬学部
薬学科(6年制課程)
【大学院】
●大学院工学研究科
●大学院芸術研究科
●大学院薬学研究科
ホームページ https://www.sojo-u.ac.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2020 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2020」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。