株式会社ジョー・スマイル

組織力生かし九州でさらなる展開を

─昨年3月、関東を中心に230店舗の飲食店を展開する東証一部上場のSFPホールディングス社のグループに参加されました。

前川 多くの企業で事業承継は課題ですが、当社にとって最も良い方法は何かを5、6年前から考えていました。経済的、実務的な問題に加え、後継者の覚悟といった精神的な課題もあります。そういった諸々を考え動き出したところ、さまざまな企業からお声掛けを頂きました。その中から、同じ業態を持ち、M&A(合併・買収)の経験がある上場企業のSFPであれば、安定した良い関係が築けると判断しました。先方も、財務や労務管理状況などを厳しくジャッジし、当社を継続性と成長性が担保されている企業だと判断されたということです。

─店舗運営の方針などに変化がありますか。

前川 将来独立したいという夢を持つ店長に面白いことをさせたいと、店づくりを任せてきました。それが人と会社の成長を支えてきたという歴史は大事にしたいと考えています。一方で、より発展していくためには、組織的な動きが必要です。昨年12月にSFPが展開する海鮮居酒屋「磯丸水産」の県内1号店となる上通店をオープンしましたが、共同仕入れやレジシステム、労務管理など学ぶべきところをまず吸収しています。このパッケージ化された「磯丸水産」の出店を基軸に九州での出店を進め、「九州の飲食店はジョー・スマイル」と言われる日を目指したい。その組織力を得たと考えています。

代表取締役社長 前川 浩幸氏

─昨年10月にブライト企業に認定されました。

前川 飲食業界が好きだけれど、それぞれの事情で働く時間が限定されるという人たちがいます。そこで、店舗・地域限定社員や週休3日準社員制度などを導入し、さまざまなパターンで安心して働ける雇用形態を準備しています。多様な働き方の社員の融合体の組織とし、状況が変われば違う働き方を選び直せるなど流動性を持たせ、働きやすい環境づくりを進めていることが認められたのだと思います。

─今後の展望、計画などをお聞かせください。

前川 続く人手不足や消費増税、復興需要の落ち着きなど県内の飲食業界は厳しい環境にありますが、今年は県内と九州地域で5店舗ほどの出店を考えています。現在の20店舗から徐々に拡大しながら、バトンを渡せる後継者を育てることに力を注ぎたいですね。これが経営者として一番大事な仕事です。そして、会社としても個人としても、飲食業に特化した地域振興のお手伝いができれば、業界への恩返しにもなると思っています。

郷土料理と海鮮炉端が楽しめる「前川水軍」

概要

所在地 〒860-0801 熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル3F
【電話】096(356)2482
設立 平成5年2月
資本金 4,500万円
役員 代表取締役社長/前川浩幸
常務取締役 管理本部長/吉澤雄治
取締役 第一営業部長/福留喜久
取締役 第二営業部長/角 明憲
取締役/坂本 聡
執行役員 財務・経理部長/林田啓介
執行役員 総務・人事部長/字室博明
監査役/中居康幸
店舗 前川水軍、ひゃくしょう茶屋、麦うさぎ、こもれび家、ヘルシーキッチン開、平蔵、伊達祭、かごめ家、桜咲く、一番星、前川珈琲店、炎の前川、鳥の海とん、磯丸水産 全20店舗
(2019年12月現在)
従業員数 正社員50人、アルバイト・パート300人
ホームページ http://www.johsmile.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2020 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2020」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。