税理士法人 さくら優和パートナーズ

経営課題をワンストップで支援

─昨年は事務所を新築、10月に移転されました。

岡野 熊本市の鍛冶屋町にあった自社ビルが熊本地震で被災し、黒髪のビルに引っ越して3年近くたった頃から事務所が手狭になってきました。今後は再開発中のJR熊本駅周辺にビジネスの中心が移っていくのではと考え、二本木に駐車場まで十分に確保できる土地を探したというわけです。福岡本部と鹿児島本部へのアクセスも便利になり、情報発信の拠点となる居を構えることができました。

─新事務所の特徴を教えてください。

岡野 執務室は固定席を作らず、好きな席で仕事ができる「フリーアドレス」にしました。今後の社員増にも対応できます。レイアウトも工夫し、オンとオフの切り替えがしやすいよう執務室、応接コーナー、カフェコーナーを分けました。2階には24時間営業のスポーツジムが入居したので、従業員に活用してもらって「健康経営」につなげたい。健康投資はいずれ収益を生むという考えで、フレックスタイム制などを導入すれば利用も増えるでしょう。

代表社員税理士 岡野 訓氏

─カフェコーナーは学生にも開放されるとか。

岡野 学生と企業が本音を交わし合う無料のカフェスペースのような使い方ができないかと考え、大学や会計専門学校に話をしています。「若者が残りたい熊本」に貢献するスペースにしたいですね。

─中小企業の経営課題にワンストップで応えることを掲げておられます。取り組み状況は。

岡野 「事業承継支援」「黒字化支援」「資産形成防衛支援」の3つの柱に特に力を入れています。事業承継では、昨年4~6月の法人版事業承継税制特例承継計画策定支援ランキング(経済産業省発表)で大手の銀行やコンサル会社が名を連ねる中、6位に入りました。黒字化は税務顧問とは別のメニューで支援しています。資産形成防衛では一昨年11月に金融商品仲介業の免許を取得し、経営者とその家族だけでなく従業員の資産形成も支援しています。

─今後の計画などをお聞かせください。

岡野 上通にあるびぷれす熊日会館のコワーキングスペースでは、ベンチャービジネスのサポートやビジネスマッチングなどのお手伝いができればと思っています。また来年、桜町に完成する弁護士・税理士法人向けビルへの入居も決めました。ここでは顧客の経営課題をワンストップで解決する支援が行われますが、当社は相続支援に絞ったビジネスを展開していきます。ここもフリーアドレスで働きやすい環境にして、これまで以上に効率的に3つの柱を推し進めていきたいと思います。

昨年10月に新築、移転した自社ビル・事務所

概要

所在地 〒860-0051 熊本市西区二本木4丁目9-45
【電話】096(297)1011
設立 2002年4月
事業内容 税務・会計業務全般、事業承継、相続
資本金 2,522万円
役員 熊本本部代表/岡野 訓
福岡本部代表/藤田ひろみ
鹿児島本部代表/岩元耕兒
従業員数 110人(熊本53人)
事業所 熊本本部、福岡本部、鹿児島本部
ホームページ https://s-ket.com/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2020 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2020」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。