株式会社再春館製薬所

人づくりや熊本への貢献 継続へ

─「人づくり」に力を入れておられますね。

西川 お客さま一人一人と応対していくのも商いを紡いでいくのも、全て「人」です。昨年は社員の「働く環境」をつくり、社員一人一人の「成長」に力を入れた一年でした。

─具体的にはどのように取り組まれましたか。

西川 電話応対を中心とするお客さまへのダイレクトな業務部門をあらためて「お客様感動推進事業部」とし、単にお客さまの注文を受けるだけでなく、お悩みに寄り添う対話で、心から満足いただけるような応対を徹底して追求しました。事例を共有したり、表彰することで、学び成長できる現場づくり、人づくりを目指しました。また、トヨタ自動車様にご協力いただき、若手社員を中心に〝トヨタ式〟の働き方を学ぶ取り組みを実施しました。課題の見つけ方や真因の追求、周囲を巻き込んだ仕事の進め方、数字の〝見える化〟など、実践を通して学ばせてもらう一方で、一人一人の社員に寄り添う「管理職」を育てることも大事だと強く感じました。

代表取締役社長 西川 正明氏

─事業環境が変化する中、重視していることは。

西川 増税や自然災害などの環境要因だけでなく、人の生活スタイルや生き方そのものの変化も起きています。それら全てに対応していくのは非常に困難です。全てに合わせるのではなく、「商いの軸」を一致させていくことが大切だと考えます。キャッシュレスの進展や、5G(高速大容量の移動通信システム)・IoT(モノのインターネット)・AI(人工知能)など情報革新が加速する中、私たちは〝どこにもないものをどこにもない方法で〟提供することで他にはない価値をお客さまに感じていただく努力をすることが大事だと思います。

─熊本への取り組みにも力を入れておられます。

西川 熊本に育てられた企業として熊本に恩返ししたいです。そこで昨年から「再春館くまもと奨学金制度」を始めました。熊本に人が残るには企業努力が必要です。今年4月には70人超の新入社員が仲間になりますが、6割以上が熊本出身です。また、雇用だけでなく社会貢献の一環としても熊本地震の復興支援は今でも続けさせていただいています。

─どんな一年にしていきたいですか。 

西川 人づくりや熊本への貢献は変わりません。それを続けていくためにも〝商い〟をしっかり紡いでいこうと気を引き締めています。自分たちの強みをしっかり見極め、それを深く追求していくことが大事だと思っています。その上で新たなことにもチャレンジしていく一年にしていきたいです。

再春館ヒルトップ

概要

所在地 〒861-2201 上益城郡益城町寺中1363-1
事業内容 医薬品・医薬部外品・化粧品の製造及び販売
設立 昭和34年9月
資本金 1億円
総従業員数 1,368人(関連会社含む)
支店 東京事務所(東京都港区高輪)
関連会社 ・再春館システム(株)
・(株)再春館「安心・安全」研究所
・(株)ヒューマンリレーション
・(株)第一エージェンシー
・(株)メディアライツ
・あゆみ(株)
グループ企業 ・九州警備保障(株)
・(株)キューネット
・桜十字病院
ホームページ https://www.saishunkan.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2020 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2020」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。