コンフォートハウス株式会社

これからの家づくりと暮らしを提案

─昨年2月、社長に就任されました。

荒木 創業者である会長からバトンを受け、良い意味でタイプの異なる個性を生かす経営をしていきたいと考えています。まずはしっかり組織の形を整え、各人のポジションを明確にした業務の推進を目指します。人は役割によって成長します。「解決するにはどうするか」を指示されるのではなく、自らが考え、一人一人が自立することで、強いチームができるのではないかと考えています。

─昨年の状況はいかがでしたか。

荒木 熊本地震以降にご注文をいただいたお客さまをお待たせしている状況もあり、少しでも早く新しい住まいを提供できるよう施工体制を強化しました。お待たせする時間を短縮できたのは、昨年の進歩の一つでした。また、建物の仕様もバージョンアップしました。窓の一般的な仕様はアルミサッシとガラス1枚から、アルミ樹脂複合サッシとペアガラスに移行していますが、当社は高性能樹脂サッシとトリプルガラスを標準仕様にしました。壁よりも熱の出入りが多い窓の断熱性能を上げることが効果的だからです。より快適な住み心地を提供するため、さらなるアプローチも検討中です。

代表取締役社長 荒木 雄一郎氏

─御社の家はZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)と平屋が特徴です。

荒木 国が推奨するZEHは、環境に良いのはもちろん、体に優しく光熱費の負担が小さいことも大きなメリットです。実際に住んで体感したお客さまから「夏涼しくて冬暖かい」「ZEHにして良かった」という声をたくさん頂いています。また現在、当社が建てる住宅の8~9割は「フラットスタイル」と呼ばれる平屋です。平屋専門ということではありませんが、家族の空気を感じて暮らすことができ、安心感があると好評です。今後もいろいろな暮らし方やライフステージに対応でき、長く住み継ぐことができる平屋の魅力を伝えていきたいですね。「熊日八代住宅展」と「KKT合志総合住宅展示場」では、それぞれ雰囲気の異なる平屋の住まいを見ていただけます。両方を見て、ご自分のお住まいのイメージを描いていただければと思います。

─今年の抱負、計画をお聞かせください。

荒木 家づくりは人生の中の大きな事業です。お客さまのさまざまな課題を一緒にクリアし、「楽しい家づくりだった」と思っていただける仕事をしていきたいと考えています。そのため、これからの家づくり、暮らしの提案を感じていただけるよう、ショールームのリニューアルを計画しています。

「熊日八代住宅展」平屋モデルハウス

概要

所在地 〈本社〉
〒862-0910 熊本市東区健軍本町1番8号
【電話】096(367)6244
〈長崎支店〉
〒850-0045 長崎市宝町7番5号 第2イワテックビル3階
【電話】095(865)6355
事業内容 注文住宅建築、アパート建築、分譲住宅、増改築
設立 平成16年3月8日
資本金 1,000万円
従業員数 52人(令和元年12月12日現在)
ホームページ https://www.comfort-house.com/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2020 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2020」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。