熊本不二コンクリート工業株式会社

供給力アップへ生産体制を拡充

─広大な敷地の中でコンクリート製品を生産されていますね。

山田 本社工場(菊池市泗水町)の敷地面積はおよそ10㌶あります。ここで約2000種類に及ぶコンクリート二次製品を生産しています。主力製品は道路の側溝などに使用される「U字溝」、造成地や斜面の土留めなどに使用される「L型擁壁」、地下に埋設する「防火水槽」などになります。時代とともに求められる製品は変化し、多様になって製品の種類は増え続けています。需要は旺盛で、熊本地震の復旧整備事業や自然災害に備えるための公共土木事業に加え、民間の宅地造成などもあります。

─生産現場の人手不足対策を教えてください。

山田 生産の効率化に努めています。その一方で従業員の待遇改善や働き方改革にも取り組んでいるところです。加えて昨年5月には、3年間の期限で外国人技能実習生を当社としては初めて受け入れました。全員ベトナムからの実習生で、皆まじめに技術の習得に努めています。今年1月に新たに4人、5月に2人を受け入れ予定です。懸命に仕事に取り組む彼らを見ると昔の日本人と重なります。今の日本人の若者もやりがいを感じられるよう、業界全体でイメージアップに取り組む必要がありそうです。

代表取締役 山田 敬太氏

─熊本支店を開設されました。

山田 昨年10月、建設土木関連事業者が多く集まる県庁近くの熊本市中央区水前寺公園に開設しました。顧客に支持される会社であり続けるため、変化するニーズに対し何が求められているかをいち早く取り入れる場としての情報収集機能を期待しています。現状に満足することなく変化を求め、チャレンジしていきたいと思います。

─今後の展望をお聞かせください。

山田 工場拡張を計画しており、この春に着工予定です。当社の強みは社員一人一人のモチベーションの高さや前向きな姿勢と、1つの工場で効率的な生産が可能なことにあります。今後も生産体制を強化して製品供給力を高めていきます。建設現場では型枠を組んでそこに生コンクリートを流し込む施工が多いのですが、あらかじめ工場で製造したコンクリート二次製品を現場に搬入して使用するプレキャスト工法の方が工期の短縮につながり、労務費も少なくて済みます。そうした利点をさらにアピールしていきたいと思います。また、生産過程で発生するコンクリート片などの廃棄物処理設備を昨年4月に導入しましたが、今後も周辺環境を大切にし地域と共に発展を目指していきます。

工場内の敷地に並ぶ「L型擁壁」

概要

所在地 〒861-1214 菊池市泗水町田島2444
【電話】0968(38)3131
事業内容 コンクリート製品の製造・仕入・販売
設立 昭和48年6月
資本金 1,000万円
役員 代表取締役社長/山田敬太
取締役会長/山田純策
従業員数 136人
支店 熊本支店、天草支店
ホームページ http://www.kumafuji.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2020 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2020」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。