熊本第一信用金庫

「お客さまの発展」を徹底して支援

─地域貢献につながる商品が多いですね。

豊住 主力商品の一つ「阿蘇草原再生定期預金」は、預金総額に応じて毎年、阿蘇草原再生協議会に寄付しています。昨年が7回目で、寄付金の総額は約345万円になりました。また熊本地震後の復興のシンボルといえる熊本城大天守の再建に向け、預金総額に応じた金額を復旧の支援金として寄付する「熊本城復興支援定期預金 天守閣」を昨年8月まで販売、多くの皆さまにご支持いただき、先日82万円を寄付いたしました。大変好評でしたので、第2弾として昨年11月から今年8月末まで販売しています。前回は、桜の馬場城彩苑で使えるお買い物飲食券1万円分を抽選でプレゼントする特典を付けましたが、今回は「サクラマチ クマモト」で利用できる1万円相当のポイント引換券にしました。中心市街地の活性化にも寄与できれば幸いです。

─地域貢献への取り組みが多彩です。

豊住 本店7階で開催している「Kidsしんきん教室」は昨年で8回目を数えました。熊日の販売センターからのお声掛けで熊本市の清水公民館や八代市にも出張しました。また、お取引先のお子さんや従業員さんなどを対象に行っている「めぐり逢いパーティー」の6回目となる今年は2月2日に開催します。ご結婚のご報告も複数あり、行政が発行している結婚応援ガイドブックにも取り組みを紹介いただきました。こういったことは愚直に継続することが大切だと考えています。

代表理事理事長 豊住 賢一氏

─今後の熊本の景気動向をどう見ていますか。

豊住 桜町再開発ビルの開業、ラグビー・ハンドボールの世界大会、熊本城の特別公開などイベントが続いた昨年からオリンピックイヤーへ、今年まではそう悪くはないと思います。来春のJR熊本駅ビルのオープンが一段落した後くらいから、景気の後退が懸念されます。そうならないために今年は大変重要な年になると感じています。次につなげる仕掛け、良い提案が求められますね。

─どう取り組んでいこうとお考えですか。

豊住 お客さまに対して、私どもにしかできないお手伝いを徹底していきたいですね。お客さまの発展のためにとことん考えるというスタンスを全職員が共通認識とし、活動を広げていきます。創業支援についてはかなりの実績と評価を頂いています。社会課題解決型の事業へのチャレンジの相談に乗り、融資する事例も出てきています。「熊本第一信用金庫さんなら応援してくれるはず」という評価が浸透していくよう取り組んでいきたいと思います。

熊本第一信用金庫本店ビル

概要

所在地 〒860-8681 熊本市中央区花畑町10-29
【電話】096(355)6111
設立 昭和25年8月1日
出資金 36億4,400万円
役職員数 253人
店舗数 24店舗
役員 代表理事会長/森本 孝
代表理事理事長/豊住賢一
代表理事専務/鴻池卓児
代表理事常務/渡邉祐一
常務理事/荒尾俊比古
常勤理事/東 信治、石田誠也、原田亨一郎、田中博康
常勤監事/村中研一
非常勤理事/粟津勝蔵、菊田廣文、倉岡伸行
非常勤監事/古田邦昭、尾上達也
関連会社 (株)いっしんサービス

熊本日日新聞社

Copyright(c)2020 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2020」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。