熊本県信用保証協会

中小企業の幅広い支援態勢構築へ

─協会の現況を教えてください。

真崎 当協会は、一昨年度からスタートした第5次中期事業計画で「信用保証から総合支援機関への変革」を掲げました。従来からの信用保証に加え、経営支援との両輪であらゆるライフステージの中小企業・小規模事業者の持続的発展を支援し、地域経済の活性化に努めています。

─県内の中小企業を取り巻く環境をどう見ておられますか。

真崎 県内の景気は緩やかな回復基調にありますが、一部の中小企業・小規模事業者においては業績が熊本地震前の水準にまで回復していない状況にあります。そのような状況を踏まえ当協会は、県と連携して被災事業者の資金繰りを支援する「熊本県資金繰り安定借換資金」を昨年4月に創設しました。この制度は資金の新規需要に応えるだけでなく、従来認められていなかった県の制度以外の保証付き融資の借り換えが可能な画期的な制度であり、被災事業者の資金繰りの円滑化に貢献しています。

会 長 真崎 伸一氏

─協会で取り組まれている創業支援策について伺います。

真崎 主な取り組みとして、創業保証利用者に対する専門家派遣制度の活用が挙げられます。創業保証を利用する際、当協会が費用を負担することで士業団体の専門家から無料で支援を受けられ、代位弁済の抑制にもつながっています。また、創業保証を利用された経営者の会「くまもとシーズクラブ」では、人脈形成やビジネスマッチングの場の提供、セミナーの開催などを行っており、創業後の支援に努めています。会員数は昨年11月末時点で566企業に上ります。さらに昨年10月からは熊本日日新聞社と連携し、コワーキング施設「びぷれすイノベーションスタジオ(Bスタ)」で創業や事業承継などの相談に応じています。

─そのほかの新たな取り組みや今後の抱負をお聞かせください。

真崎 昨年6月、遠藤俊英金融庁長官を招いての講演会において、長官から行政や地域金融機関の職員らで組織する「ちいきん会」の話がありました。熊本でも、金融庁の地域課題解決支援チームが主体となり、県や熊本市などの行政や、当協会、各金融機関などの職員有志でつくる「ちいきん会熊本ダイアログ」が発足しています。官民一体となった取り組みに当協会としても積極的に参画し、地方創生に貢献してまいります。

熊本市中央区南熊本の本所事務所

概要

所在地 〒860-8551 熊本市中央区南熊本4丁目1-1
【電話】096(375)2000
業務内容 信用保証、金融・経営相談
設立 昭和24年3月31日
役員 会長/真崎伸一
専務理事/田浦眞光
理事/木本弘一
監事/金柿賢児
職員数 73人
事業所 本所、八代支所、天草支所
ホームページ https://www.kumamoto-cgc.or.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2020 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2020」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。