株式会社エフエム熊本

開局35周年 躍動感ある放送局に

─開局35周年、おめでとうございます。

浜田 ありがとうございます。これまで育てていただいた皆さま方のおかげです。心から感謝申し上げます。エフエム熊本は1985(昭和60)年4月に熊本で初めての県域FM局として産声を上げ、11月に本放送を始めました。ラジオを取り巻く環境は激しく移り変わっていますが、「身はつつましく、夢は大きく」という社訓を胸に、幾多の難局を乗り越えてきました。

─自社番組の制作に力を入れておられますね。

浜田 エフエム東京を中心とする全国FM放送協議会加盟38局の中でも自社制作番組の比率は上位にあり、地域密着の姿勢を鮮明にしています。「放送と通信の融合」は加速度を増すと思われますが、地域社会に不可欠な存在感のある放送局として歩み続ける覚悟です。35周年事業についても多角的、多様な観点から具体化します。まずは生命線であるコンテンツの充実です。質の高い音楽の発信をはじめとする独自性にあふれた自社番組の進化に加え、SNSを活用した話題づくりなどに磨きをかけます。これまでのリスナーの皆さまを大事にするのはもちろん、アニメや漫画、ゲームといった「サブカルチャー」情報の提供など新たな市場の開拓、拡大にも挑戦します。継続的に取り組んでいるFMK熊本地震復興応援プロジェクト「with」は毎週日曜のレギュラー番組のほか、特別番組を放送。災害速報態勢も整え、信頼性の高い小回りの利く「災害に強いラジオ」の使命を全うしたいと思います。

代表取締役社長 浜田 浩生氏

─FM放送とインターネットラジオを切り替えて、両方でラジオを聴けるスマホが登場しました。

浜田 通称「ラジスマ」といわれ、昨年春に全国発売されました。ラジオ放送をネットでほぼ同時に配信する「ラジコ」と電波のFM放送を相互に補完して使うことができます。番組や楽曲の情報をスマホ画面で確認でき、災害時など通信が途絶えた場合でもFM放送を聴取できます。県内であれば無料で1週間以内の番組、有料会員になると全国の番組をそれぞれ聴くことができる優れものです。

─社訓の他に「創意 明朗 躍動」が社是ですね。

浜田 若々しい感性と創意に満ちあふれ、躍動感あるラジオ局でありたいと考えています。面白い情報を発信するためには私たち自身が楽しむことが大切です。手前みそですが、エフエム熊本は小規模ながらも個性豊かで優秀な社員とスタッフ、パーソナリティーに恵まれています。働き方改革の中、自由闊達で笑顔のある職場と番組づくりを進めます。

FMKエフエム熊本は今年開局35周年

概要

所在地 〒860-0001 熊本市中央区千葉城町5-50
【電話】096(353)3131
設立 昭和60年4月1日
業務内容 民間放送業
資本金 4億9,500万円
役員 代表取締役社長/浜田浩生
取締役/岡村康司
従業員数 24人
支社 東京支社
ホームページ https://fmk.fm/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2020 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2020」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。