マリーゴールドホールディングス

総合ブライダル企業へ新体制で臨む

 ―新体制が本格的にスタートしました。

 山﨑 社長に就任し、最初に手掛けたのが社内改革です。リーダーを育成し、社員のモチベーションを上げるためにマリーゴールドグループをホールディングスにし、各部署を子会社化しました。社員の持ち株制も始め、20人ほどの幹部社員が賛同してくれました。労働時間や給与、福利厚生などの見直しを3カ年計画で進めており、より働きやすい職場環境づくりに努めています。そうすることで、社員一人一人が自分の会社に誇りと責任を持ってもらいたいと願っています。各人が長所を生かし短所を補い、それぞれの個性を発揮しながら、各社各部門がチームとして一体感を持つことが必要でしょう。さらに社内のIT化にも取り組み、これまでに蓄積された事業の情報を一元管理できるようシステム構築を図っています。全てはお客さまにとってより良いサービスの提供につなげていくことが目的です。また、当社では多くの学生たちがアルバイトとしてマナーや接客の技術を学んでいます。貴重な人材を地元企業にご紹介する仕組みをつくり、微力ながら社会貢献できればと考えています。

代表取締役社長 山﨑 崇氏

 ―総合ブライダル企業として目指すものは。

 山﨑 ハウスウエディングという挙式スタイルを会長の山﨑茂が確立し、実績を重ねてきました。1組1組の挙式を大切にし、お客さまとの絆を育んできた歴史があります。そうした積み重ねが口コミとなって幅広いご支持を頂いています。挙式のカタチは時代と共に変化しますが、私たちが提案したいのは儀式としてのブライダルです。誕生、七五三、入学、卒業、就職、成人式、結婚式など、人生の節目にはセレモニーが欠かせません。人生の儀式を重んじ、人と人をつなぎ、自分を支えてくれた人たちに感謝する気持ちを伝えてもらいたい。形式だけではない、心のセレモニーです。総合ブライダル企業としてグループ各社の力を結集し、結婚という人生の素晴らしい瞬間をサポートしていきたいですね。

 ―今年はどんな一年にしたいとお考えですか。

 山﨑 九州各県、関東や中四国など幅広いエリアに展開してきました。今後はマリーゴールドのカラーをしっかりと定着させるために、地元九州での足場を固める一年にしたいですね。創業の地、天草でのリゾート開発も進行中です。上天草市松島町にグランピングや宿泊施設を備えた複合リゾートを計画しており、2020年のオープンを目指しています。天草の魅力をより多くの方に体感していただけるような施設にしたいと思っています。

本年度の入社式の様子

概要

所在地 〒861-2107 熊本市東区秋津新町1-34
【電話】096(285)3123
事業内容 ブライダルバンケット・レストラン運営、婚礼衣装レンタル・販売、オーダードレス受注販売、ブライダル関連商品販売、ブライダルプロデュース、ブライダルコンサルタント、ブライダルフォトスタジオ、ウエディングプランナー育成スクール、ブライダルカウンター、ブライダルギフトほか
設立 1997年
資本金 1億5,000万円
従業員数 650人
支店 熊本、福岡(桜坂・天神・久留米・北九州)、佐賀(鳥栖)、大分、山口(下関・山口)、愛媛、広島、東京(銀座・青山)、新潟
関連会社 ㈱アムール熊本、㈱ギャレリア、㈱マリード、㈱ジェイテス、㈱ラヴィサント、㈱アンブラッセ
ホームページ http://www.marrygold.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。