ホテル日航熊本

客室全面改装で「選ばれる」ホテルへ

 ―客室の全面リニューアルに今年、着手されるそうですね。

 川﨑 これまで多くのお客さまにご利用いただいてきましたが、新しいホテルが今年9月、熊本市中央区桜町に、2021年春にはJR熊本駅前にできることから、客室の全面改装に着手することにしました。今年はまず、13・14階の客室からスタートし、来年に11・12階、再来年に8~10階を改装する予定です。いずれも、お客さまが比較的少ない1~3月に工事を行います。新しいホテルに負けないような、「和」と「熊本らしさ」をコンセプトにしたときめくホテルに生まれ変わります。

 ―業績面が好調だとお聞きしています。

 川﨑 本年度は、過去最高の売り上げ予算を組みましたが、中間決算では達成しました。3月期も目標をクリアする見通しです。一般宴会部門は少しだけ届かなかったものの、レストランや宿泊、婚礼は全て達成しました。この結果は、お客さまに当ホテルを評価していただいているということと、社員全員の頑張りによるものだと思っています。一方、損益面では食材の原価高騰、人手不足による人件費アップ、修繕費によるコストの増大など厳しい状況です。これまでは売り上げを伸ばすことを中心に取り組んできましたが、社員の働き方改革という点からも、今後は価格設定の見直しや付加価値の高いサービス提供への取り組みが必要といえるでしょう。

代表取締役社長 川﨑 博氏

 ―働き方改革への取り組みを教えてください。

 川﨑 今年4月から施行される働き方関連法では、年間5日間の有休取得が義務化され、法定外労働時間を守らないと罰則が科せられます。当ホテルでは、各部署のリーダーによる働き方推進委員会を設置し、「ワクワーク運動」に取り組んでいます。設定した目標の(しん)(ちょく)状況をチェックし、できていなかったら、なぜできないのかを検証します。これらの取り組みにより、ほとんどの部門で有休の取得率が上がりました。今後は、全部門で5日間の有休を取得することが課題です。

 ―ラグビーワールドカップと女子ハンドボール世界選手権大会が今年、開催されますが、対策など考えておられますか。

 川﨑 現在、受け入れに向けて、詳細を詰めているところです。食事面の問題、多言語対応などを含め、スムーズなおもてなしができるよう万全を期したいと思っています。大きなチャンスと捉え、盛り上げていきたいですね。

熊本らしさを感じられる空間に生まれ変わる客室

会社概要

所在地 〒860-8536 熊本市中央区上通町2-1
【電話】096(211)1111
事業内容 ホテル業・飲食業・宴会および結婚式場の運営その他
設立 平成12年9月1日
資本金 20億円
役員 代表取締役会長/田川憲生
代表取締役社長 総支配人/川﨑 博
取締役副総支配人運営統括/安武伸一郎
取締役副総支配人営業統括/柳瀬泰晴
取締役管理統括総務部長/永松宏章
取締役総料理長/中野省吾
取締役営業部長/毛利之紀
常勤監査役/井村秀夫
従業員数 373人
ホームページ http://www.nikko-kumamoto.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。