株式会社テレビ熊本

開局50周年、感謝の気持ちを形に

 ―今年は開局50周年を迎えられますね。

 河津 まずは、これまでご支援いただいた県民の皆さまに感謝申し上げます。当社は1969年4月、県内2番目の民放局として開局しました。開局時は「UHFコンバータ」と言われるチューナーを取り付けないと番組を視聴できませんでした。当時の先輩方はスポンサーの獲得と平行して各ご家庭にこのコンバータを取り付けるため奔走されるなど、大変苦労されました。その後、テレビ業界は完全カラー放送化、衛星放送の開始、アナログからデジタルへの移行、そして昨年12月から、4K・8K放送が衛星放送で始まるなど、この50年間で大きく変化しています。

 ―50周年記念の取り組みなどは。

 河津 今年1年間を周年の期間とし、周年事業全体の監修とアドバイスを、くまモンの生みの親である放送作家の小山薫堂氏に依頼、TKUのロゴデザインを30年ぶりに一新しました。次にキャッチコピーとして「リズム!TKU」を展開していきます。生活スタイルが多様化する中、改めてテレビ本来の役割を考え「くらしのリズム。働くリズム。自然のリズム。街にリズム。」を提案していきます。イベントについては3月16日から約2カ月間、5年ぶりに「ハッピードリームサーカス」を宇土シティモール特設会場で開くほか、熊本では初となる「東京ガールズコレクション」が4月20日、グランメッセ熊本で開催され、地元で唯一のメディアパートナーとしてイベントのブームアップと熊本の魅力を県内外に発信していきます。他にも周年期間中は多彩なイベントを予定しています。県民の皆さまへの感謝の気持ちを形にかえてお届けしたいと思っています。

代表取締役社長 河津 延雄氏

 ―九州総合通信局の「情報通信月間表彰」を受賞されましたね。

 河津 当社が放送コンテンツの海外展開に積極的に取り組み、インバウンド(訪日外国人)の促進や地域産業の海外展開に多大な貢献をしたことが評価されました。今後も熊本地震から復興する熊本へ、海外からの観光客の誘致に積極的に取り組んでいきます。

 ―これからの抱負をお願いします。

 河津 開局50周年はゴールではなく、新たなスタートと位置付けています。10年、20年先、そして50年先の次世代の人へ贈り物を残していきたいですね。放送局の使命は地域貢献であると考えます。放送・イベントなどを通して熊本の創生、発展に貢献していきたいと思います。

月曜から金曜午後4時50分放送。熊本のニュース・特集は午後6時14分から

会社概要

所在地 〒861-5592 熊本市北区徳王1丁目8-1
【電話】096(354)3411
設立 昭和43年3月
事業内容 民間放送業
資本金 3億円
役員 代表取締役会長/本松 賢 代表取締役社長/河津延雄 取締役副社長/加藤友信、中田安優 常務取締役/北里羊三郎 取締役/伊藤典昭、河津悦雄、尼野千博、川嵜隆生、高橋光宏、宮川慶一 監査役/梅﨑輝也、鍋田達男 顧 問/杉山幸宏
従業員数 70人
支社 東京、大阪、福岡
関連会社 ㈱TKUヒューマン、㈱熊本リビング新聞社
ホームページ http://www.tku.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。