尚絅大学 尚絅大学短期大学部

地域社会に貢献できる人材育成へ

 ―5学科全てで2年連続、就職率100%を達成されました。

 森 約8割が県内に就職しています。学生たちは就職活動に意欲的に取り組み、大学側も「就職・進路支援センター」を中心にきめ細かなサポートを行っており、それが成果に結び付いたと感じています。栄養士や管理栄養士、幼稚園教諭、保育士など資格を生かすほか、入学時点では将来が漠然としていた学生も、入学後の充実したキャリア教育で志望の就職先につながっています。

 ―現代文化学部を昨年4月、開設されました。

 森 高度情報化とグローバル化が進む日本社会に貢献できる人材の育成を目指し、「情報メディア文化」「観光文化」「日本・東アジア社会文化」「文芸文化」の4つの領域を設けました。2年次からは2つの領域を組み合わせて学び、視野を広げながら学修・研究を深めることが可能です。また、教養教育の見直しを進めており、地域社会と日本の伝統文化への理解を目的とした授業科目を盛り込んだ新たなカリキュラムを、来年度から実施する予定です。

学 長 森 正人氏

 ―地域連携・貢献活動にも注力されていますね。

 森 熊本市、合志市、菊陽町との連携協定に加え、昨年6月に天草地区漁業士会と食育推進活動実施に関する協定を、7月に東海大学九州キャンパスと教育・研究活動で交流・連携を進める包括協定を結び、熊本の水産物や農産物を活用した食育活動を推進しています。また、重光産業と本学の学生が考案した菊陽町の特産品を使用した新メニューが、11月に味千ラーメン本店で発売されました。そのほか、尚絅アイスや、トマトとあか牛を使った地産地消のメニュー開発をさまざまな企業と展開しています。

 ―昨年、学園創立130周年を迎え、さまざまな記念事業を開かれています。

 森 昨年は、女性の品格と女子教育に関するシンポジウムや芸術鑑賞会を行いました。現在、マスコットキャラクター「花くま」を制作中で、近々お知らせします。また、1月13日には「尚絅食育シンポジウム」も開催します。シンポジウムでは、本学の食育研究センターと子育て研究センターが中心となって一昨年から取り組んできた、熊本県の食育に関する調査・研究の成果を発表します。基調講演やパネルディスカッションを通して県内の食育の実状を明らかにし、問題解決の具体的な方法を提案したいと思っています。子育てや栄養、食に関する専門的な知識、技能、経験を生かして、地域社会に貢献することは、本学の重要な使命と考えています。

九品寺キャンパス正門

大学概要

所在地 九品寺キャンパス 
〒862-8678 熊本市中央区九品寺2-6-78
【電話】096(362)2011 FAX096(363)2975
武蔵ヶ丘キャンパス 
〒861-8538 菊池郡菊陽町武蔵ヶ丘北2-8-1
【電話】096(338)8840 FAX096(338)9301
設立 1952年4月
 熊本女子短期大学開学
1975年4月
 尚絅大学開学
 熊本女子短期大学を尚絅短期大学と改称
2006年4月
 尚絅短期大学を尚絅大学短期大学部と改称
学部・学科 ・尚絅大学
 現代文化学部文化コミュニケーション学科
 文化言語学部文化言語学科
 (平成30年4月から募集停止)
 生活科学部  栄養科学科
・尚絅大学短期大学部
 総合生活学科、食物栄養学科
 幼児教育学科
ホームページ http://www.shokei-gakuen.ac.jp/univ/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。