株式会社SYSKEN

チャレンジ続け“選ばれる”企業に

 ―昨年10月、電気通信工事業界最大手のコムシスホールディングスと経営統合されました。

 福元 これまで弊社の売り上げの大半を占めていたNTTグループが、全国エリアで仕事を受ける企業に発注するという方針を打ち出したこともあり、経営統合に踏み切りました。これにより、コムシスの完全子会社になりました。全国大手という名前で受注できることをメリットに、九州や関西方面でも仕事ができればと考えています。ただし、大手と組んだとは言え、安泰ではありません。選ばれるSYSKENになるため、われわれ経営層が会社をどう引っ張っていくかが当面の課題です。

 ―具体的に、どう取り組んでいかれますか。

 福元 全国の同業者の中で、SYSKENはここが素晴らしい、と抜きんでている部分をいかにつくっていくか―。その一つが、小さな領域でもよいので、ナンバーワンを目指すということです。社員一人一人が、この分野なら社内でもナンバーワンというものをつくり、それが集合体になれば、ナンバーワンになる組織が形成できます。もう一つは、オンリーワンのサービスやビジネスをつくり出すこと。常に熊本発のオンリーワン、ナンバーワンということを意識してやっていきたいですね。

代表取締役社長 福元 秀典氏

 ―働きやすい環境づくりにも注力されています。

 福元 女性活躍推進法に基づく優良企業として厚生労働省が認定する「えるぼし企業」や、県の「ブライト企業」など、いろいろ取り組んでいるつもりですが、多くの企業の模範になれているかといわれると、まだ自信はありません。大切なのは、社員がチャレンジをすれば報われる企業になるということです。給与や待遇面の向上においても、正社員だけでなく、臨時雇用の方も含め全員を対象に取り組んでいます。同じ屋根の下で共に働く社員ですので、頑張ればもれなく認められることが、職場全体を良くするチャレンジになると考えています。

 ―今年はどんな年になりそうですか。

 福元 今年は中期計画3年目の年です。ホップ・ステップでいうと、ステップの年。チャレンジする土台づくりに取り組んだ昨年度に続き、ブレークスルー(突破口)の年にしたいですね。私の出身地・鹿児島の方言に「泣こよか、ひっとべ」(結果を恐れず行動してみろ)という言葉がありますが、仕事でもプライベートでもチャレンジする社員を応援します。役員クラス自らがレールを作り、前に前に出るような雰囲気にすること。風を起こす運動がカルチャーになる年にしたいと思っています。

えるぼし認定書交付式

会社概要

所在地 〒860-0832 熊本市中央区萩原町14-45
【電話】096(285)1111
事業内容 電気通信工事業
設立 昭和29年9月
資本金 8億100万円
役員 代表取締役社長/福元秀典
常務取締役/吉田順一
取締役/村上一成、秋山順一郎、赤星昭典、門岡慎治、大我毅志、笠井澄人、竹中 潮、後藤久美子
従業員数 567人
事業所 福岡、北九州、長崎、佐賀、熊本、大分、宮崎、鹿児島、広島、関西
支社 東京
関連会社 ㈱Denzai、明正電設㈱、西部通信工業㈱、㈱システムニシツウ、㈱シスニック、河崎冷熱電機㈱、㈱アイレックス
ホームページ https://www.sysken.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。