西部ガス株式会社

エネルギーと暮らしを支える企業に

 ―熊本地震への対応が一段落したようですね。

 金井 安心と安全を見直す貴重な契機となりました。低圧遮断システムは、3カ年計画の最終年となります。拠点病院が多いエリアから実施しており、既に約7割のエリアで導入が完了しました。このシステムの導入で、中圧ガス導管を止めることなく、また、より細かいブロックで遠隔遮断が可能となり、大規模地震時には、これまで以上に早期復旧ができます。ガスは暮らしに欠かせないインフラですから、ご不便をお掛けすることがないよう、災害対策など日々努力を重ねています。震災でつながったお客さまとの絆も風化させたくはありません。さまざまな業務での、お客さまとの接点を大切にし、そこで得られたお客さまの生の声を現場のサービスに生かし、全社で共有してサービス向上につなげていきます。

 ―ガス器具・商品の進歩が目覚ましいと聞きます。

 金井 盛況を博した「ガス展2018」の来場者は4日間で1万人を超え、最新のガス器具や住宅設備を体感していただく機会となりました。ガスコンロなどは実際に見て、触れていただくのが一番です。「こんなに進化しているのか」と驚きの声も聞かれました。私たちの原点であるガスコンロは安全性の高さはもちろん、火力の強さやグリル調理できるなど利便性にも優れています。また、床暖房やガス衣類乾燥機「乾太くん」など、最新のガス器具・商品の魅力をアピールすることができました。主力商品の家庭用燃料電池「エネファーム」の売れ行きも好調で、昨年累計販売台数が1万台を突破しました。エネファームは都市ガスに含まれる水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、そこで出てくる熱を給湯や暖房に利用するシステムで、電気とお湯を同時につくることができます。戸建てから集合住宅まで利用でき、今年も販売に力を入れていきます。

常務執行役員 熊本地区支配人 金井 昌道氏

 ―ショールーム「ヒナタ熊本」が人気ですね。

 金井 下通アーケード内という立地の良さもあり、幅広い年齢層の方にご利用いただいています。昨年1年間で11万人のご来場があり、イベントにも多くの方に参加いただきました。特に若い女性が増えており、料理教室やワイン、アロマ、ヨガなどのイベントが人気です。また、今後は主力のガスエネルギー事業にとどまらず、業容を拡大したいですね。具体的には、インバウンド(訪日外国人)需要に対応したホテル・観光業、高齢化社会を支える介護サービスなども展開する「エネルギーとくらしの総合サービス企業」を目指します。

ビルトインコンロ プレミアムシリーズ

会社概要

所在地 〒860-0832 熊本市中央区萩原町14-10
設立 1930年12月1日
事業内容 都市ガスの製造・供給および販売
液化天然ガスの販売および冷熱利用に関する事業
ガス機械器具の製作、販売、設置およびこれに関する建設工事
資本金 206億2,979万円(2018年3月末)
お客さま戸数 約109万2,900戸(2018年3月末)
主要事業所 熊本、福岡、北九州、長崎、佐世保、島原
従業員数 1,336人(2018年3月末)
ホームページ http://www.saibugas.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。