光進建設株式会社

業界振興と福祉村で熊本に恩返し

 ―大型工事を次々と手掛けられています。

 井上 昨年10月にJA熊本経済連の農産物物流基地建設工事、11月には熊本(たん)(ぱく)ミール公社の肥育農場建設工事が完成しました。昨年暮れからは熊本市中央区の熊本県商工会館の建て替えをさせていただいており、今月から本格的な工事に着手します。もう一つ、大きな事業として益城町の町営住宅120戸の建設を手掛けることになりました。熊本地震の災害復興事業の一環として熊本の建設会社に任せていただいたことは、大変意義のあることだと思います。私たちの願いは、大型工事にぜひ地元の業者を使ってほしいということです。熊本には大型工事をやる力を持った企業が何社もあります。地元企業育成という意味からも、ぜひとも実現していただきたいですね。

 ―建設業界の人材不足が大きな課題です。

 井上 災害復興では地元企業が一生懸命に働いてきました。ただ、地元企業が大型工事を手掛ける機会が少なければ、現場を支える技術者の育成もできません。地場企業の育成にお役に立つことで、地域振興の一翼を担っていきたいと思っています。

代表取締役会長 井上 太喜郎氏

 ―大津町で展開されている「福祉村」は地域の福祉や子育てに大きな役割を果たしていますね。

 井上 福祉村内にある社会福祉法人光進会の特別養護老人ホーム「喜寿園」への入所を待っておられる方が多数いらっしゃいます。光進会クリニックに併設しているデイケアセンターについても毎日30人のお年寄りにご利用いただいていますが、利用を希望される方がとにかく多いため、まずデイケア施設の増設を計画しているところです。昨年末に用地買収に着手しましたので、順調に進めば今年早々にも着工したいと思っています。福祉村では利用される方々に温泉を提供していますが、施設増設に合わせてもう1本温泉を掘ることも考えています。

 ―恒例の「光進会ふれあい夏まつり」は地元の方々の大きな楽しみとなっていますね。

 井上 昨年7月で6回目を迎え、福祉村関係者を含めて1600人以上の方々にご参加いただきました。「よろこび保育園」「第二よろこび保育園」の子どもたちによる御()輿(こし)から始まって、ゲームコーナーや施設入居者の合唱、演奏、ダンス、豪華賞品が当たるお楽しみ抽選会などを行い、地域の方々に大変喜んでいただきました。福祉村をつくるにあたっては、地元に大変お世話になりました。その恩返しをすることが、私に残された大きな仕事だと思っております。

第6回光進会ふれあい夏まつりの様子
(2018年7月21日)

会社概要

所在地 〒861-8035 熊本市東区御領2丁目28-1
【電話】096(380)1231
設立 昭和39年6月
事業内容 総合建設業
資本金 8,000万円
役員 代表取締役会長/井上太喜郎
代表取締役社長/井上弘太郎
取締役副社長/近藤誠也
専務/田尻俊博
相談役/井上光男
常務取締役・人吉支店長/井上裕介
常務取締役・総務部長/園田紀子
従業員数 59人
支店 人吉
関連会社等 光進商事㈱、㈲ケイアイエス、㈱光進会介護(有料老人ホーム太寿園)、社会福祉法人光進会(養護老人ホーム光進園、よろこび保育園、第二よろこび保育園、特別養護老人ホーム喜寿園、グループホーム光喜園)、医療法人社団光進会(光進会クリニック)
ホームページ http://www.kosin-k.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。