熊本機能病院

医療・介護・福祉を切れ目なく提供

 ―「専門医療を地域へ」を病院経営の基本方針としておられますね。

 米満 当院は開業当初から、地域に根付いて、「ぬくもりのあるやさしい医療を提供する」という理念を掲げてまいりました。その中でも、ここ数年のテーマとなっているのが、「地域医療の発展」と「専門医療の進化」の両立です。地域に密着した医療福祉に取り組むとともに、整形外科、形成外科、循環器内科、脳神経内科、リハビリテーション科などの分野で、先進・専門医療をより進化させていきたいと考えています。

 ―「専門医療の進化」における具体的な取り組みには、どのようなものがありますか。

 米満 整形外科の分野では、人工関節の手術にナビゲーションシステムが導入され、高精度の手術が可能になりました。また、人工関節の手術前に歯の治療を受けると、口腔内細菌による感染症の予防につながることが分かってきたため、歯科など他の診療科とも連携を図りながら、より安全性の高い手術を行えるよう努めています。循環器内科では昨年3月、水野雄二副院長による冠れん縮性狭心症に関する研究が日本循環器学会の年間最優秀賞に選ばれました。さらに治療に役立ててまいります。

理事長 米満 弘一郎氏

 ―介護の人材不足が叫ばれています。

 米満 今後は、さらに人材不足の方向に進んでいくと思われます。これを防ぐには、やりがいのある介護職をいかに構築していくかが重要であると思います。特に最近は、患者さんに合わせて設定した目標に向かってリハビリを行う「目的達成型リハビリ」に注力しています。この方法は、介護スタッフのやりがいにもつながっていくものと思います。これから介護に携わる方々と知識を深め合い、介護の理念を共に考え、創造することが大切だと考えています。

 ―今年の抱負をお願いします。

 米満 30年前にリハビリ施設を設立以来、患者さんのニーズに応えながら、住み慣れた場所で最期まで暮らせるようにする「地域包括ケア」に、一貫して取り組んできました。高齢化がますます進む中、求められる医療も、施設・設備の充実だけでなく、個人に合わせたきめ細かなサービスへと大きく転換しています。これからも、医療・介護・福祉を切れ目なく統合したヘルスケアサービスを提供することで、誰もが安心して幸せに暮らせる「ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)の地域づくり」を進めていきたいと思います。

2018年4月、寿量グループ入社式にて

概要

所在地 〒860-8518 熊本市北区山室6丁目8-1
【電話】096(345)8111
設立 昭和56年5月1日
診療科 整形外科、形成外科、小児形成外科、皮膚科、リウマチ科、救急科、外科、脳神経内科、リハビリテーション科、脳神経外科、循環器内科、血管外科、内科、麻酔科(矢野敏之)、放射線科
病床数 395床(一般病棟176床・地域包括ケア病棟55床・障害者施設等一般病棟33床・回復期リハビリテーション病棟131床)
グループ関連施設 介護老人保健施設「清雅苑」、地域ケア支援センター、指定運動療法施設「熊本健康・体力づくりセンター」、熊本地域リハビリテーション広域支援センター、熊本市北3地域包括支援センター(ささえりあ清水・高平)、地域交流館、有明海リハビリテーションクリニック、なないろ森の保育園

〈社会福祉法人寿量会〉特別養護老人ホーム「天寿園」(介護老人福祉施設)ほか 〈株式会社 エンタープライズ暖〉
ホームページ http://www.juryo.or.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。