株式会社エフエム熊本

地域とともに 存在感ある放送局に

 ―2018年日本民間放送連盟賞(連盟賞)の受賞、おめでとうございます。

 浜田 ありがとうございます。ラジオ生ワイド部門で「FMKパンゲア!」が優秀賞に選ばれました。「パンゲア!」は毎週月曜から木曜までの午前11時半から午後2時34分まで放送中で、質の高いエンターテインメント番組を目指しています。受賞したのは昨年2月19日放送分で、英太郎さんとMEGさんが、熊本城マラソンをテーマにユーモラスな熊本弁や流ちょうな英語を駆使し、当意即妙な掛け合いを繰り広げた生番組です。16年の熊本地震の被害を伝える「FMK RADIO BUSTERS」、17年の熊本地震復興応援プロジェクト「ゾウに会える幸せ~熊本市動植物園の12カ月の想い」に続く3年連続の受賞です。パーソナリティーをはじめ、番組制作スタッフの底力を頼もしく思い、心強い限りです。

 ―来年、開局35周年を迎えられますね。

 浜田 1985(昭和60)年の開局以来、皆さまに支えられてきたおかげです。感謝のひと言です。地域社会に親しまれ、リスナーの皆さまに愛され、存在感のあるラジオ局であり続ける覚悟です。上質な音楽や暮らしに役立つ正確な情報の発信を通じ、豊かな地域づくりの一助になればと思います。郷土が生んだマラソンの父・金栗四三伝の朗読番組のほか、「熊本城応援歌」に続く「ふるさと熊本を未来へ」と銘打った歌詞募集には小・中学生から120点の応募がありました。優秀作品には曲をつけ放送するなど地域密着を強く意識した企画です。恒例のソフトバレーボール大会も30回を迎え、老若男女の方々に楽しんでいただいています。キー局のエフエム東京では、昨年8月に世界的な作家の村上春樹さんがディスクジョッキーを務める「村上RADIO」が始まり、音質の良いFMの特長を最大限に生かした音楽番組「ジェットストリーム」は放送開始から50年を超えました。

代表取締役社長 浜田 浩生氏

 ―スマホで手軽に聴くことができる「ラジコ」の認知度が高まっていますね。

 浜田 ラジコは、ラジオ放送をインターネットで同時に配信するサービスです。県内であれば無料のアプリを使ってスマホやパソコンでの受信ができ、1週間以内の番組も聴くことができます。通勤や買い物の外出時、災害時の停電の際にも情報が得られ利便性が高く、威力を発揮します。このほか、WIZ RADIOでは全国のFMラジオを無料で聴くことができます。ぜひお試しになってください。

FMKパンゲア!の放送風景

会社概要

所在地 〒860-0001 熊本市中央区千葉城町5-50
【電話】096(353)3131
設立 昭和60年4月1日
業務内容 民間放送業
資本金 4億9,500万円
役員 代表取締役社長/浜田浩生
取締役/岡村康司
従業員数 25人
支社 東京支社
ホームページ http://fmk.fm/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。