株式会社えがお

桜町再開発ビルに初の専門店出店へ

 ―女性が働きやすい環境づくりに積極的に取り組まれていますね。

 北野 社員の7割が女性ですが、女性の能力が非常に高いことを日々感じています。そんな女性社員がより力を発揮できる環境や制度を整えることは、とても大事です。事業所内に保育園を設置したり、学校の長期休み中に社内で学童保育を行ったりするなど、子育て中の社員が安心して働ける環境づくりに努めています。現在、本社近隣に2つ目の保育園を建設中で、今春には開園する予定です。また、短時間勤務可能で月給制の、社員とパートの間のような働き方ができる「選任社員制度」を設けました。そこから正社員を目指すこともでき、社員の状況や意欲に応じた働き方を応援したいと思っています。

 ―「働き方改革」も推進されています。

 北野 業務を効率化して残業削減に取り組み、成果が上がっています。残業時間が減ることはもちろん大切ですが、そこで生まれた時間をどう生かすかという視点が必要です。就業時間後や休日に社員同士のコミュニケーションの場を設けたり、さまざまな方法で自分に投資しスキルを磨いたりするなど、自己研さんに励む人材になってほしいと思います。

代表取締役社長 北野 忠男氏

 ―創業30周年を今年、迎えられます。何か記念事業をお考えですか。

 北野 記念事業というわけではありませんが、熊本市中央区桜町の再開発ビル内に、黒酢と健康食品の専門店をオープンさせる予定です。実店舗を持つのは初の試みですが、これを機に黒酢を中心とした商品の展開を計画しています。通販商品の顧客層は60代が中心ですが、店舗は30~40代の女性をメインターゲットにしたいと考えています。昨年、その層を対象にした新しいサイトも開設しました。市場に機能性食品が増え、若い世代から健康に意識が向くようになりました。これからは顧客層の年代を広げることが重要だという思いで取り組んでいます。店舗開設に関しては現在、20代を中心とした若手社員によるプロジェクトチームがプランを練っています。自分たちで考え、具体化していくプロセスは良い経験になるのではないでしょうか。

 ―今年の抱負をお願いします。

 北野 この3年ほどは、よりお客さまに喜んでいただけるよう、特に社員教育に力を入れ、人材の育成に取り組んできました。その成果が少しずつ表れ、次へのアクセルが踏める状態になったと感じています。ここからまた一つ一つ積み重ね、次なる10年に向け、さらに成長していきたいですね。

女性が働きやすい環境づくりに取り組む

会社概要

所在地 〒862-0901 熊本市東区東町4丁目10-1
【電話】096(241)7777
設立 平成2年8月17日
事業内容 総合健康関連事業
資本金 1億円
役員 6人
従業員数 514人(えがおグループ全体) ※11月時点
取扱商品 「えがおの黒酢」「えがおのブルーベリー」
「えがおの肝油 鮫珠(さめだま)」
「えがおの青汁満菜」など全56商品
ホームページ http://www.241241.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。