医療法人出田会 出田眼科病院

“誠の心”で患者に寄り添う医療を

 ―2018年の医療を振り返ってください。

 出田 目のあらゆる病気に対応できる眼科総合病院を目指していますが、治療の中心となったのは網膜剥離や硝子体出血などの網膜硝子体疾患です。網膜剥離はとても難しい病気なので、スタッフが力を合わせて、数多くの治療に携わっています。硝子体出血は糖尿病や高血圧が原因となって発症する疾患で、悪化すると手術が必要になります。また高齢化に伴い、緑内障や白内障も増えています。子どもの斜視・弱視、(がん)(けん)(がん)()疾患などの難しい治療にも、大学などの専門の先生に非常勤で来ていただきながら対応しています。

 ―最近増えている疾患や治療はありますか。

 出田 以前まで失明原因の1位は糖尿病網膜症でしたが、血管の増殖を抑制する薬が保険適用になったため、この病気による失明は減少傾向にあります。それに代わって近年、1位になったのが緑内障です。しかしこの病気も早期に発見して治療を受ければ、進行を遅らせることができます。さらに最近、増加傾向にあるのが網脈絡膜の疾患です。これは網膜や神経の細胞が劣化する病気で、その代表例が加齢黄斑変性です。これも薬で新生血管の発生を一時的に抑制できますが、ある程度は進行します。これらはいずれも進行すれば手術が必要になったり、視力を失うこともあります。

名誉院長 出田 秀尚氏

 ―視力を失った方への支援も続けておられます。

 出田 さまざまな病気や事故が原因で、やむを得ず視力を失い、ロービジョン(視機能が弱く、矯正もできないが、全盲ではない視覚障害)になられた患者さんを対象に、医学的な治療以外の取り組みやケアを長年続けています。ロービジョンになると、ともすれば気持ちが落ち込んで自宅にこもりがちになります。このため年6回、院内で患者さんやご家族向けにロービジョン教室を行うほか、眼鏡、拡大読書器などの補助用具も紹介しています。また年に1度、自然に触れるバスツアーを企画しています。自然の「地」「水」「火」「風」を体で感じると、副交感神経が刺激され、安らかな気持ちになります。これからもロービジョンの方々が豊かに生きるお手伝いを続けていきます。

 ―今年の抱負をお聞かせください。

 出田 4月に当院も新体制となりますが、従来通り、眼科全般を通じて“誠の心”で患者さんに寄り添う医療を実践していきます。プライベートでは、「熊本走ろう会」の会長をはじめ、多くの役職の任務を果たしていきたいですね。

(医)出田会 出田眼科病院全景

概要

所在地 〒860-0027 熊本市中央区西唐人町39
【電話】096(325)5222
設立 大正6(1917)年10月眼科開業
昭和55年10月医療法人設立
事業内容 病院(眼科・麻酔科)
(財)日本医療機能評価機構認定(更新3回)
役員 理事長/出田節子
名誉院長/出田秀尚
院長/出田隆一
副院長/川崎 勉
診療部長/永田 智
麻酔科長/林メリー・ジェーン
総師長/村上ルミ子
事務長/髙本昌彦
従業員数 196人(関連施設及び会社含む)
関連施設 (医)出田会 呉服町診療所
院長/出田真二
社会福祉法人鳳鳴会 鳳鳴保育園
関連会社 ㈱出田ふれあいセンター
㈲オービス(眼鏡店)

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。