イオンモール株式会社

地域と共に「ハピネスモール」へ

 ―イオンモール熊本は昨年夏、西側部分の増床リニューアル工事が完了し、全面再開しましたね。

 吉田 熊本地震の影響で、一時休業の後、2016年7月から段階的に営業を再開してまいりましたが、西側の準核ゾーンは、従来から大幅に面積を拡大し「ウエストスクエア」としてオープンさせていただきました。県内初出店など新規専門店の導入はもちろん、災害に強い建物とするため、地盤改良を行い、落下の危険性も考慮し、吹き抜け天井のトップライトを廃止するなど防災面を強化しました。おかげさまで7月のリニューアルオープン以来、予想を上回るお客さまにお越しいただいております。

 ―熊本・宇城の両モールでは、地域に根差した取り組みにも力を入れておられますね。

 吉田 イオングループでは、「イオン 幸せの黄色いレシート キャンペーン」を実施しています。お客さまに毎月11日にお渡しする黄色いレシートを専用BOXへ(とう)(かん)していただくと、レシート合計金額の1%に当たる品物を地域のボランティア団体などに寄付させていただいておりますが、イオンモール熊本では、地域の皆さんに増床グランドオープンへの感謝の気持ちをということで、館内の専門店限定で「熊本を元気にキャンペーン」を実施。嘉島町の小中学校に必要な品物を寄贈させていただきました。また宇城では、3年ぶりの「宇城市物産展」や「宇城のうまかもんフェスティバル」を開催。宇城市の特産物や郷土芸能などが勢ぞろいし、地域の皆さんにはもちろん、県内各地からお越しになられた多くのお客さまに喜んでいただきました。

代表取締役社長 吉田 昭夫氏

 ―今年の抱負をお願いいたします。

 吉田 当社では、お客さまにとっての「しあわせ」が生まれる場でありたい、地域の皆さまが「しあわせ」を感じる暮らしを送ることができるよう、さまざまな取り組みを通じて、「ハピネスモール」を推進しています。ここでしか味わえない、イオンモールだからこそ感じていただける感動や体験をお届けしたいと思っています。同時に、地域行政などさまざまなパートナーと共に、地域の魅力を引き出し、当モールから発信するなど、地域と連携したローカライズの取り組みを積極的に推進しています。当社が熊本県に出店し、既に20年超経過しました。これまで以上に地域に根差し、コミュニティー機能を強化していくことで、地域のお客さまの生活になくてはならない存在、最も頼りにされる施設であり続けることが重要と考えております。熊本の皆さま、本年もよろしくお願い申し上げます。

(上)イオンモール熊本(上益城郡嘉島町)
(下)イオンモール宇城(宇城市小川町)

会社概要

所在地 〒261-8539 千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目5-1
【電話】043(212)6450
事業内容 大規模地域開発およびショッピングモール開発と運営、不動産売買・賃貸・仲介〈国土交通大臣(2)第7682号〉
設立 1911(明治44)年11月
資本金 423億500万円
役員 17人
従業員数 3,372人(2018年8月31日現在)
店舗 イオンモール熊本、イオンモール宇城含む、202店舗(海外含む)
ホームページ http://www.aeonmall.com/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。