飯塚電機工業株式会社

創立70周年へ 働き方改革も推進

 ―最近の工事実績をいくつか教えてください。

 松尾 熊本地震後の復旧工事が随分進みました。ある食品加工会社では、被災工場の解体や仮工場建設のお手伝いをし、新工場建設に向けては設計段階から相談に乗り、昨年7月に完成しました。大手生産設備エンジニアリング会社の新工場建設では、当社が地場企業連合のまとめ役となり、電気設備の工事を請け負っています。こうした守備範囲の広い案件も増えてきています。また公共工事では、水上村の市房第二発電所水車発電機の全面更新工事や、熊本市の桜町再開発ビルの非常用発電機設置工事なども担当。公共工事は当社が請け負う案件単体の規模が年々大きくなっていく傾向にあります。

 ―働き方改革の取り組みに積極的ですね。

 松尾 昨年は管理職に女性を2人登用しました。1人は技術アシスタントグループリーダーで、技術者を事務面でフォローする女性スタッフを育てていく計画です。もう1人は総務グループリーダーとして、採用などで女性の視点やアイデアを生かしてくれています。合同企業説明会の場に椅子カバーを用意したり、学生に優しく声を掛けたりといった配慮は女性ならではです。また当社は昨年4月、働きやすい職場づくりを進める企業を認定する県の「よかボス企業」に登録されました。健康経営に取り組む「ヘルスター健康宣言」も行っており、全社員が健康で幸せに安心して働ける職場を目指しています。

代表取締役社長 松尾 修一氏

 ―社員間のコミュニケーションも活発ですね。

 松尾 当社は部活動にも費用を出しています。昨年は健康促進部と写真部が新たに発足しました。健康促進部では社名を入れたビブスを作り、地域のマラソン大会などに参加。写真部は、みんなに活動を知ってもらえるよう、作品をパネルにして社内に展示しています。また昨年8月には、日頃から社員を支えてくださっているご家族を招き、感謝の気持ちを込めて「IIZUKAファミリーデー2018」を実施しました。このほか、社員の資格取得も応援しています。昨年は対象資格を4倍に増加。合格者にはお祝い金や資格手当を支給します。

 ―今年の抱負をお聞かせください。

 松尾 7月からの新年度を「創立70周年イヤー」として、1年をかけていろいろなことをやりたいと考えています。その準備として今、若手社員から抜てきしたメンバーで、70周年にやりたいことのアイデア提言や取りまとめを行っている最中です。新しい飯塚電機工業の姿を社員と一緒に求め、共に育てていきたいと考えています。

熊本本社前でのスタッフ集合写真

会社概要

所在地 〒860-0824 熊本市中央区十禅寺1丁目4-12
【電話】096(326)2345
事業内容 【設計・施工】
電気設備…公共施設、事業所・工場、住宅
空調給排水衛生設備…公共施設、事業所・工場、住宅
太陽光発電設備…メガソーラー~住宅用
【保守・メンテナンス】
上下水道関係電気設備の24時間保守、空調設備保守メンテナンス、工場空気圧縮機メンテナンス、一般家庭用エアコン他家電製品の販売・施工
創立 昭和25年5月12日
資本金 5,000万円
従業員数 126人(グループ合計)
役員 4人
支店 福岡
営業所 人吉、水俣、天草、八代、佐賀
関連会社 MIEソリューションズ株式会社
ホームページ http://www.iizuka-denki.co.jp/

熊本日日新聞社

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
「プレジデント倶楽部2019」に掲載の記事、写真等の著作権は
熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、
あるいは正しく表示されない場合もあります。