独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO)
人吉医療センター

所在地
〒868-8555 人吉市老神町35
ホームページ
http://hitoyoshi.jcho.go.jp/

施設概要

●設立年月 2014年4月
(独立行政法人地域医療機能推進機構となって)
●病院長 木村 正美
●看護部長 入部 直子
●病床数 252床
(緩和病棟30床・HCU8床含む)
●職員数 508名
(うち看護職員257名)
●看護方式 パートナーシップシステム・固定チームナーシング
●看護配置 7対1(1日平均)360名
●外来患者数 (1日平均)360名
●入院患者数 (1日平均)220名
●診療科目 内科、呼吸器科、消化器内科、循環器内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、血液内科、小児科、外科、呼吸器外科、消化器外科、血管外科、乳腺外科、整形外科、脳神経外科、神経内科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、歯科口腔外科、救急科、病理診断科、総合診療科

関連施設

JCHO人吉医療センター附属訪問看護ステーション

施設の特徴

 明治11年に開設された公立人吉病院が前身で、以来熊本県南部の中核医療機関として地域医療の充実に努力しています。
 全人医療を病院の理念とし、救急医療・がん医療・予防医療の3本柱を中心に地方であっても高度で質の高い医療を提供できるよう日々研鑽しています。当院の目標は、医師、看護師、薬剤師、技師、ソーシャルワーカー、ボランティアで行う患者中心・患者第一のチーム医療ですが、最近は患者さんご自身とご家族がチームに参加してもらう患者参加型医療を受け入れています。地域に根付いた「地域密着型・地域創造型病院」として、これから先も頑張ります。

看護理念・方針

●看護部理念
地域住民に安全で信頼される看護を提供します。

●基本方針
患者・家族の人権と意思を尊重します。
チーム医療を推進し質の高い看護を提供します。
自己の能力開発に努め自分の役割を自覚して主体的に行動します。
働く喜びを感じる職場づくりを目指します。

求人情報・勤務条件

  2020年4月採用計画 2019年4月採用実績 2019年度中途採用予定
看護師 35名 14名 2名
准看護師
保健師
助産師 5名 1名

勤務条件

初任給 看護師
 (大学卒)206,400円
 (3年課程卒)197,100円
 (2年課程卒)188,800円
助産師 209,200円
※既卒者(経験者)については、経験年数に応じて加算があります。
諸手当 夜勤看護等手当、夜勤手当、地域手当(勤務地により異なる)、住居手当、通勤手当、超過勤務手当、扶養手当
支給例)月4回夜勤(2交代)、通勤は車で5キロの距離、家賃55,000円の場合=看護師(大学卒)約279,800円(税込)
賞与 賞与(年2回)、年度末賞与(経常収支が良好な病院に支給)
※2018年度実績
夜勤体制 2交代制
勤務時間 《日勤》8:15~17:00 
《夜勤》15:45~9:15 
《外来》8:30~17:15
※4週155時間勤務(4週8休制)
休暇等 年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、結婚休暇、出産休暇、介護休暇、育児休業
福利厚生 〇健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、退職金制度、看護師宿舎あり
〇常勤職員として採用後、本人のキャリアアップ、人材育成及びライフイベント(結婚・配偶者の転勤等)に配慮し、地域医療機能推進機構内の病院へ異動の希望を支援
就業後の教育体制 当院は、クリニカルラダーによる教育を行っています。看護師1人ひとりが入職1年目から目標をもって自己研鑽、成長できるような教育プログラムを実施しています。中途採用者も今までの看護経験を生かし、継続教育ができます。

連絡先 その他

担当者 総務企画課 黒木(くろき) 美佐(みさ)
 電話 0966-22-2191
 FAX 0966-24-2116
 メールアドレス kuroki-misa@hitoyoshi.jcho.go.jp
選考方法 論文試験(小論文)、面接試験
【採用試験要項等の請求方法】 募集要項、応募書類(履歴書等)は当院ホームページから指定書式をダウンロードしてください。

先輩からのメッセージ

岡原 尚己さん
7階病棟(消化器外科・消化器内科)

 入職時から新人研修や病棟内での勉強会、プリセプター形式など教育環境に恵まれ、常に学ぶことが多く、急性期という難しい大変な中でも楽しみを感じ、勤務しています。他部署との交流も多く自分のやりたい看護・分野についても十分に学ぶことができる病院です。

柳原 玲那さん
6階病棟(呼吸器内科・血液内科・循環器内科)

 私は循環器内科、呼吸器内科、血液内科の混合病棟で勤務しています。心臓カテーテルの治療、肺がんや血液疾患のがん化学療法の患者さんが多いです。多様な疾患が勉強でき、スキルアップを目指すことができる病棟です。急性期病棟のため、重症な状態で入院される患者さんも多いのですが、退院時には元気に回復し、自宅に笑顔で帰られる姿を見ると、とてもやりがいを感じます。新人教育や勉強会などの内容も豊富で毎日充実しています。


熊本日日新聞社 くまにちコム

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
本ページに掲載の記事、写真等の著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、あるいは正しく表示されない場合もあります。