熊本市立
熊本市民病院・植木病院

(熊本市民病院)所在地
〒862-8505 熊本市東区湖東1丁目1番60号
〒862-0901 熊本市東区東町4丁目1番60号(2019年10月から)
ホームページ
http://www.cityhosp-kumamoto.jp/
(植木病院)所在地
〒861-0136 熊本市北区植木町岩野285-29
ホームページ
http://ueki-hsp.jp/

施設概要 熊本市民病院

●設立年月 1946年2月
●病院長 髙田 明
●看護部長 川﨑 貴代美
●病床数 388床
(一般病床380、感染症病床8床)
●職員数 511名
(うち看護職員388名)
●看護方式 チームナーシング+受け持ち制のモジュール型
●看護配置 10対1
●外来患者数 (1日平均)678名
●入院患者数 (1日平均)335名

2019年10月 新熊本市民病院開院(イメージ図)

施設概要 植木病院

●設立年月 1956年1月
●病院長 内野 良仁
●看護部長 耕 理千子
●病床数 141床
〔一般102床(うち包括ケア病床14床)、療養病床39床〕
●職員数 105名(うち看護職員68名)
●看護方式 プライマリーナーシング+固定チームナーシング
●看護配置 10対1
●外来患者数 (1日平均)134名
●入院患者数 (1日平均)93名

●診療科目 【熊本市民病院】
外科系部門(消化器外科、乳腺・内分泌科、呼吸器外科、婦人科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科)、内科系部門(脳神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、血液・腫瘍内科、腎臓内科、代謝内科、感染症科、精神科)、小児・周産期医療部門(新生児内科、小児科、小児循環器内科、小児心臓外科、小児外科、産科)、中央診療部門(放射線科、麻酔科、集中治療科、救急科、病理診断科)
【植木病院】
内科、外科、循環器内科、整形外科、脳神経外科

施設の特徴

 熊本市民病院は、地域医療の中核的な総合病院として、政策医療に取り組む自治体病院です。特に周産期医療に関しては総合周産期母子医療センターが設置され、専門的で高度な医療を提供してきました。2016年の熊本地震で当院は施設に損害を受け、これまでの医療が提供できなくなりましたが、2019年10月に新病院が移転オープンします。
 これまで提供してきた医療のさらなる充実を図ります。また、赤ちゃんから高齢者まで住民のニーズに対応できる総合病院として、病院の理念である『市民の生命と健康を守るために、安全で良質な医療を提供します』を実現するために、全職員でチーム医療を実践していきます。
 一方、植木病院は、緑に囲まれた静かな環境の中にあり、熊本市の北の拠点に位置する地域に根ざした病院として、「信頼と満足の得られる全人的医療の提供」を基本理念に掲げ、職員一丸となり、患者さん中心の医療を提供しています。高齢化が進む地域の中で、住民のニーズに応える体制を整え、在宅医療の推進、さらに地域に密着した医療を推進しています。

看護理念・方針

【熊本市民病院】
●看護部理念
皆様が「ここでよかった」と思える看護を行います
●基本方針
・患者さんの尊厳を守ります ・看護職として、看護部として成長し続けます
・多職種と協働し、地域と連携します ・健全な病院経営に貢献します
・災害に備え、看護の力を発揮します

【植木病院】
継続的で責任ある看護の提供
「看護の専門職業人として常に向上心を持ち、地域の皆様、患者さんに質の高い、思いやりのある看護サービスを提供します」

求人情報・勤務条件

  2020年4月採用計画 2019年4月採用実績 2019年度中途採用予定
看護師 未定 6名 未定
准看護師
保健師
助産師 未定 2名 未定

勤務条件

初任給 看護師
 (大学卒)212,700円
 (3年課程卒)206,700円
助産師
 215,100円
※既卒者(経験者)については、経験年数に応じて加算があります。
諸手当 扶養手当(扶養親族に応じて定める額。配偶者・子各9,000円など)、住居手当(家賃の額に応じて定める額。限度額27,000円)、通勤手当(通勤の方法・距離等に応じて支給)、時間外勤務手当、夜間看護等手当 等
賞与 年2回(6月と12月) 1年間に給料の月額等の4.45カ月分
※2018年度実績
夜勤体制 ○熊本市民病院 2交代制
○植木病院 3交代制
勤務時間 ○熊本市民病院
《ロング日勤》8:30~19:45
《夜勤》19:00~9:00
○植木病院
《日勤》8:30~17:15
《準夜》16:30~1:15
《深夜》0:30~9:15
※植木病院療養病棟は2交代制あり
休暇等 年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、結婚休暇、出産休暇、介護休暇、育児休業、年次有給休暇
○年次有給休暇=年20日(採用月により決定。4月採用の場合15日。翌年への繰越あり)
○特別休暇=夏季休暇、結婚休暇、産前産後休暇、子の看護休暇、短期介護休暇、育児休業など
福利厚生 職員住宅(市民病院のみ)、院内保育所(市民病院のみ)、各種給付・貸付制度、互助会など。
就業後の教育体制 【熊本市民病院】
キャリアラダーを導入し、専門職としてのキャリアアップを支援します。○新人教育:OJTとOff-JTによる臨床実践能力の獲得のために、配属部署ではプリセプタ-や教育担当の主任看護師を中心に支援していきます。○継続教育:院内外の集合研修への参加やオンデマンドによる自己学習の推進を行っています。○認定看護師、専門看護師等の資格取得への支援を行っています。
【植木病院】
○新人教育:プリセプタ-制度、中途採用はその方に合わせた教育プリセプター制度を実践○目標管理とクリニカルラダーによるスキルアップを目指した支援○院外研修を推奨し公費での支援を実施○定期的な院内研修開催により支援

連絡先 その他

担当者 熊本市民病院 看護部 川﨑(かわさき) 貴代美(きよみ)
 電話 096-365-1848
 FAX 096-365-1848
 メールアドレス kangobu@cityhosp-kumamoto.jp
選考方法 筆記試験(専門)、論文、口述試験(面接)
【採用試験要項等の請求方法】
病院のほか、熊本市役所・各区役所でも配付。市ホームページからもダウンロードできます。

先輩からのメッセージ

門東 沙耶さん
熊本市民病院 新生児病棟
看護師

 私は4年前に入職して外科病棟に配属されましたが、1年後に震災に遭い、他施設への研修派遣を経験しました。現在は新生児病棟で勤務していますが、不安や戸惑いを感じることがありました。しかし、先輩方から指導やサポートをしていただき、毎日やりがいを感じながら働いています。当院は福利厚生が整っており、働きやすい職場です。今年10月には新病院開院の予定です。皆さんも私たちとやりがいを見つけませんか。

永廣 靖代さん
植木病院 内科病棟
主任看護師

 私は臨時職員として入職し採用試験を経て正規職員になりました。現在、3人の子育てをしながら仕事をしています。大変なこともありますが、職場の理解と周囲の助けのおかげで両立できています。また、キャリアアップのための支援も充実しており、経験豊富なスタッフからの助言もあって、とても良い職場環境に恵まれています。当院は地域に根差した病院を目指し、職員一丸となって取り組んでいます。皆さん一緒に働きましょう。


熊本日日新聞社 くまにちコム

Copyright(c)2019 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
本ページに掲載の記事、写真等の著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、あるいは正しく表示されない場合もあります。