㈱鶴屋百貨店

住所
〒860‐8586 熊本市中央区手取本町6‐1
Tel
096-356-2111
ホームページ
http://www.tsuruya-dept.co.jp/index.html

「未来に向けて大きな挑戦をしています」

鶴屋は、熊本にしかない百貨店です。創業以来、熊本のお客さまと共に歩み、育てていただいています。その限られた商圏の中でさらなる飛躍を遂げるためには、お客さまお一人おひとりの生活に深く根ざすこと…。そして、たくさんのお客さまに信頼していただき、繰り返し足を運んでいただくことが最も大切なことです。だからこそ、私たちは、変化に対応した迅速な行動と変わらぬ伝統・基本を大事にしています。

常に新しい「モノとコト」をお客さまにお届けできるように努めています。

また、昨今は時代の変革に伴い、これまでの“モノ”を売るだけではなく、さまざまな体験を楽しんでいただく“コト”を提案していくことも求められています。そのために、私たちはお客さまとのつながりを強めて、お客さまとの間に「お顔が見える」関係を今まで以上につくりたいと考えています。

「お客さまに幸福な体験をご提供する」ことを企業ミッションに掲げ、従業員一人ひとりがお客さまに何ができるか具体的に想像し、行動していこうと考えています。

そして今後は、商品・サービス両面において、これまで以上にお客さまにご満足と感動をご提供できる百貨店をめざします。

2014年3月、3年以上をかけた全館大幅リニューアルが完成

企業概要

社名 ㈱鶴屋百貨店
事業内容 百貨店業など
設立 1951年2月8日
創業 1952年6月22日
資本金 1億円
従業員 538人(男性233人、女性305人)
売上高 554億2,500万円(2015年2月)
代表者 代表取締役社長 久我彰登
事業所 百貨店:鶴屋本館・東館、New-S、WING館
関連会社 鶴屋商事㈱、㈱鶴屋友の会、㈱鶴屋パーキング、㈱マドック熊本、甘夏ローヤル㈱、㈱鶴屋クレジットサービス、㈱鶴屋フーズクリエイティブ、熊本観光バス㈱、㈱熊本文化の森

熊本日日新聞社 くまにちコム

Copyright(c)2016 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

企画・制作 / 熊本日日新聞社 業務推進局営業企画部