社会医療法人社団高野会
大腸肛門病センター高野病院

所在地
〒862-0971 熊本市中央区大江3丁目2番55号
ホームページ
http://www.takano-hospital.jp/

施設概要

●設立年月 1981年12月
●病院長 山田 一隆
●看護部長 中田 優子
●病床数 166床
(一般 100床、地域包括ケア病棟 46床、緩和ケア病棟 20床)
●職員数 340名(うち看護職員153名)
●看護方式 固定チームナーシング
●看護配置 一般病棟 10対1
●外来患者数 (1日平均)171名
●入院患者数 (1日平均)132名
●診療科目 肛門内科、肛門外科、内科、消化器内科、外科、消化器外科、大腸・肛門リハビリテーション科、心療内科、泌尿器科、麻酔科

関連施設

くるめ病院
(〒839-0865 福岡県久留米市新合川2丁目2番18号 電話0942-43-5757、FAX0942-43-6959)

施設の特徴

私たちは常に5Sを大切にします。
5S(SMILE,SERVICE,STUDY,SPECIALITY,SAFETY)
 大腸肛門疾患の専門病院として、肛門科、消化器外科、消化器内科、大腸肛門機能科が一体となって治療に取り組んでいるほか、泌尿器科、心療内科が全面的なバックアップ体制で治療に臨み、さらに各専門職がチームを作り、QOLに配慮した医療を行っています。専門病院としての医療の質を向上させることはもとより、大腸肛門疾患の難治性症例の受け入れにも力を入れ、地域の医療機関との連携をとりながら地域完結型の医療を目指しています。また、病院開設当初から取り組んでいる大腸がん検診に加え、2011年11月には、熊本県から「がん診療拠点病院」として指定され、がんの早期発見や専門的治療、緩和ケアにより一層、取り組んでいます。

看護理念・目標

 私たちはナイチンゲール精神に基づき、個々の患者及び家族のニーズに応じた質の高い看護と、患者中心の継続した看護を提供します(看護理念の詳細はホームページをご覧ください)。
 当院は「専門職業人としての質の高い看護サービスを提供出来る職員の育成」「主体的な自己の能力開発」のための教育に力を入れています。認定看護師や内視鏡技師、NST等の専門療法士の資格取得についても積極的な種々のバックアップも行っています。

求人情報・勤務条件

  2019年4月採用計画 2018年4月採用実績 2018年度中途採用予定
看護師 10名 6名 5名
准看護師 1名
保健師

勤務条件

初任給 《看護師》
 (大学卒)196,200円
 (3年課程卒)194,300円
※既卒者(経験者)については、経験年数に応じて加算があります。
※2017年度実績
諸手当 看護師職務手当20,000円+調整手当10,000円、夜勤手当(準夜勤3,000円/回、深夜勤4,000円/回)、住宅手当4,000円、通勤手当(上限19,500円)
賞与 年2回(6月と12月) ただし、病院の業績に応じて年度末賞与支給あり ※4.0ヶ月 ※2017年度実績
夜勤体制 変則2交代を基本とする夜勤体制(夜勤拘束時間を16時間よりも短く設定しております)
勤務時間 《日勤》8:30~17:30
《準夜勤》16:30~0:30
《深夜勤》0:15~9:15
《外来》8:30~17:30
※敷地内保育設置あり。変則2交代となり、連休が取り易い勤務体制となり、プライベートや子育て等の時間が充実致します。
休暇等 年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、結婚休暇、出産休暇、介護休暇、育児休業、年次有給休暇
※年間休日120日(2017年度) 日曜、祝日(4週8休制) 日曜、祝日勤務は振替あり 年次有給休暇(10日~20日)
福利厚生 社会保険(健康保険、厚生年金保険)、雇用保険、労災保険加入、職員駐車場。
サークル活動(バドミントン、マラソン、ソフトボール、ゴルフ、絵画)
就業後の教育体制 ○高野病院部署別資格等級基準に基づいた教育プログラムを実践しています。
○院内研修として卒後3年目までは経年別教育を行い、卒後4年目以上は緩和ケア、がん化学療法、皮膚排泄ケアの各専門分野コースを自己選択により実践しています。
○院内外研修も各段階に合わせて看護協会や大学等の研修に積極的に参加し、認定看護師等の資格取得や自己の能力開発の支援を行っています。

連絡先 その他

担当者 総務課 角平(かどひら) 真也(しんや)
 電話 096-320-6500
 FAX 096-320-6555
 メールアドレス soumu@takano-hospital.jp
選考方法 新卒者:面接、適性試験、小論文
既卒者:面接、適性試験(クレペリン検査)
【採用試験要項等の請求方法】
応募書類の郵送、メール、電話でご連絡いただいた方には、その都度ご連絡致します。

先輩からのメッセージ

髙松 仁美さん
4北病棟
(看護師 2年目)

 入職当時は、不安と緊張の毎日でしたが、優しい先輩方のおかげで今は楽しく仕事が出来ています。日々の忙しい業務の中で、自分の知識不足に悩む時もありますが、勉強会や先輩方の指導で、成長出来ていると感じます。
 リニューアルできれいになった職場で一緒に働きましょう!

浦野 愛さん
4北病棟
(看護師 3年目)

 入職当時は、わからない事ばかりで毎日が不安でしたが、今では患者様と接することや先輩方や同期・後輩と一緒に仕事をし充実しています。また、知識や経験も増え、任されることも増えてきました。初めて経験することなどは先輩方に優しく指導して頂き成長することが出来たと思います。これからも日々成長出来るよう頑張っていきたいと思います。


熊本日日新聞社 くまにちコム

Copyright(c)2018 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
本ページに掲載の記事、写真等の著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、あるいは正しく表示されない場合もあります。