特定医療法人 富尾会
桜が丘病院

所在地
〒860-0082 熊本市西区池田3丁目44-1
ホームページ
http://www.sakuragaoka.or.jp

施設概要

●設立年月 1960年10月
●病院長 小林 幹穂
●看護部長 藤井 美香
●病床数 精神221床
●職員数 240名(うち看護職員100名)
●看護方式 チームナーシング継続受け持ち制
●看護配置 15対1
●外来患者数 (1日平均)75名
●入院患者数 (1日平均)190名
●診療科目 精神科、内科、麻酔科

関連施設

訪問看護ステーションらいふ
(熊本市西区池田3丁目38-11 電話096-319-2122)

施設の特徴

『施設近代化と機能分化』
 桜が丘病院は、創立50年を超える精神科病院です。この10年ほどは施設の近代化と、機能分化では①より専門性の高い入院治療、②急性期治療へのシフト、③専用病棟化に取り組んできました。世界に通用する精神科医療の提供を目標にしています。
『うつ病の急性期治療』
 治療対象疾病の約半数がうつ病で、特に急性期治療に特化しています。
『シームレスケア』
 退院後のサポートとして精神科デイケアを開設し、その中で、うつ病患者の復職支援も実施しています。また、訪問看護ステーションを併設し、地域生活支援にも力を入れています。

看護理念・目標

●基本理念
 私達は、心の医療を求める人々の尊厳を重んじながら、安息の場と適切な医療を提供し、あわせて地域精神保健に貢献します

●方針
 1.疾患を持ったその人を正しく理解し、適切な看護を提供します
 2.わかりやすい言葉で説明し、安心していただける看護を提供します
 3.専門職として自己研鑽を重ねます
 4.看護の専門知識と技術を活用し、チーム医療に貢献します

求人情報・勤務条件

  2019年4月採用計画 2018年4月採用実績 2018年度中途採用予定
看護師 5名 3名 3名
准看護師 1名 1名
保健師 1名

勤務条件

初任給 《看護師》
 (大学卒)210,000円
 (3年課程卒)210,000円
 (2年課程卒)210,000円
《准看護師》 158,000円
《保健師》 220,000円
※既卒者(経験者)については、経験年数に応じて加算があります。
諸手当 準夜手当:4,500円・深夜手当5,500円(各1回につき)
住宅手当:10,000円(対象者のみ)
通勤手当:~16,500円
賞与 年2回(夏期賞与7月、冬期賞与12月) ※2017年度実績4.0ヶ月
夜勤体制 原則3交代制(希望者のみ2交代制も可)
勤務時間 《日勤》8:00~16:30
《準夜勤》16:00~0:15
《深夜勤》0:00~8:50
《外来》8:30~17:00
※休憩時間60分
休暇等 年末年始休暇、慶弔休暇、結婚休暇、出産休暇、介護休暇、育児休業、年次有給休暇
福利厚生 退職金制度(勤続3年以上)あり、職員駐車場あり(無料)
職員旅行、ソフトボールクラブ、ミニバレークラブ 等
就業後の教育体制 ①クリニカルラダーと目標管理制度を導入し、各個人のキャリア開発を支援
②精神専門看護師(宇佐美しおりCNS)との協働やスーパーバイズによる専門性向上への取り組み
③日本精神科看護技術協会・認定看護師の育成

連絡先 その他

担当者 看護部長 藤井(ふじい) 美香(みか)
 電話 096-352-6264
 FAX 096-352-6721
 メールアドレス recruit@sakuragaoka.or.jp
選考方法 書類選考、面接、適性検査
【採用試験要項等の請求方法】
上記連絡先、藤井までお問い合わせ下さい。

先輩からのメッセージ

徳永 康次さん
アウトリーチ部門

 精神科は実は全科に共通・対応できる科で、看護の基本だと思います。特に精神科訪問看護は、看護師としてのセンス(微妙な違いを感じ取り、関わり方を調節できること)が求められる分野で、やりがいも大きいです。配属先のアウトリーチは毎朝、医師、PSW、OTなど多職種でカンファレンスがあり、アサーティブに議論し、チームとして患者さんの想いに沿ってケアを展開しています。精神科訪問看護に興味のある方をお待ちしてます。

白石 明美さん
外来

 昨年11月に入職し、外来で働いています。精神科は経験がなく不安もありましたが、周囲の支えがあり頑張ることができています。先日、「長期ストレス、男性のがんリスク2割増」という新聞記事を見ました。ストレス社会の今、精神看護の果たす役割は大きいと考えます。患者様の話を傾聴し、必要に応じた声かけや心に寄り添う看護に努めています。
 桜が丘病院は仕事と家庭を両立でき、ライフスタイルに合った働き方ができる職場です。


熊本日日新聞社 くまにちコム

Copyright(c)2018 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
本ページに掲載の記事、写真等の著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、あるいは正しく表示されない場合もあります。