国立大学法人
熊本大学医学部附属病院

所在地
〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
ホームページ
http://www.kuh.kumamoto-u.ac.jp/

施設概要

●設立年月 昭和24年5月
●病院長 水田 博志
●看護部長 本 尚美
●病床数 一般病床735床
集中治療室(ICU)11床
心疾患集中治療室(CCU)4床
ハイケアユニット(HCU)12床
新生児集中治療室(NICU)15床
継続保育室(GCU)12床
母胎胎児集中治療室(MFICU)6床
脳卒中集中治療室(SCU)3床
精神病床50床
合計848床
●職員数 2,118名(うち看護職員871名)
●看護方式 パートナーシップ・ナーシングシステム(PNS)
プライマリーナーシング
●看護配置 7対1
●外来患者数 (1日平均)1,487名
●入院患者数 (1日平均)752名
●診療科目 神経精神科、神経内科、呼吸器内科、呼吸器外科、消化器内科、消化器外科、循環器内科、小児科、整形外科、形成・再建科、脳神経外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科、腎臓内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、血液内科、膠原病内科、移植外科、乳腺・内分泌外科、画像診断・治療科

施設の特徴

 熊大病院は、時の藩主細川重賢候が再春館を建てられて以来250年以上の歴史を持つ医療機関で、熊本で唯一の大学病院です。特定機能病院として最新最良の医療の提供はもちろん、地域の医療体制構築にも大きな役割を担っています。がん診療においては、都道府県がん診療連携拠点病院として、総合的ながん診療のレベルアップに取り組んでいます。また、先進医療の開発と推進も大学病院に課せられた大きな任務であり、質の高い医療と臨床研究活動は一体の関係にあります。そのような活力維持のためにも若い力を伸ばすことは重要であり、専門性を持った看護師の育成など将来の医療人を育む教育研修活動にも力を入れています。教育という、一般病院には無い機能が備わっているということは、それだけ層の厚い診療体制が構築されているということです。平成26年、新外来棟も完成し、患者本位の診療をより効率よく実践する体制が強化されました。

看護理念・目標

●看護部理念
 1.変化する社会のニーズに対応し、すべての患者・家族に、より質の高い看護を提供する
 2.専門職として常に研鑽を重ね、看護の発展に寄与する
 3.大学病院の特殊性をふまえ、地域医療に貢献する

●基本方針
 1.患者の個別性を尊重した全人的看護の実践
 2.安全安心で信頼される看護の実践
 3.主体的に学び、仕事に自信と誇りを持った看護職の育成
 4.他職種と協働するチーム医療の推進
 5.魅力ある職場づくりの推進

求人情報・勤務条件

  2019年4月採用計画 2018年4月採用実績 2018年度中途採用予定
看護師 70名程度 50~60名 未定
准看護師
保健師

勤務条件

初任給 《看護師》
 (大学卒)205,200円
 (3年課程卒)195,900円
 (2年課程卒)187,600円
※既卒者(経験者)については、経験年数に応じて加算があります。
諸手当 通勤手当、住居手当、扶養手当、夜間看護等手当、超過勤務手当、夜勤手当、専門看護師等手当 等
賞与 年2回支給(6月・12月) ※2017年度実績
夜勤体制 二交代制
勤務時間 週38時間45分勤務
○16時間夜勤=
 《日勤》8:00~16:45
 《夜勤》16:00~翌8:30
○12時間夜勤=
 《日勤》8:00~16:45又は8:00~20:30
 《夜勤》20:00~翌8:50
休暇等 年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、結婚休暇、出産休暇、介護休暇、育児休業、年次有給休暇
○年次有給休暇 年間20日付与(初年は15日)
年末に残りの休暇を最高20日を限度に翌年に繰り越しできます。
○特別有給休暇 夏季、結婚、産前、産後、忌引き休暇等があります。
○その他 病気休暇(有給)、育児休業等があります。
福利厚生 ○文部科学省共済組合、雇用保険制度に加入。医療給付、失業給付等が受けられます。
○厚生年金に加入し、年金給付が受けられます。
○各種貸付制度、全国各地に宿泊保養施設、直営病院等が利用できます。
○女性看護師専用の無料宿舎があります。ただし、光熱水料、共益費は実費負担です。
※なお、宿舎については空室がない場合もあります。
○院内保育園、病児保育室があります。(週2日(火・金)終夜保育を行っています。)
就業後の教育体制 ①クリニカルラダーシステムのもと、キャリア開発支援を行っています。
②2010年度から新たに新人看護職員研修制度を導入し、多くの先輩看護職員が新人を指導・支援しています。
③集合教育と現場教育の連動に力を注ぎ、総合臨床研修センターでのシミュレーション教育プログラムも充実しました。
④専門看護師・認定看護師の育成に積極的に取り組み、より専門的で質の高い看護を目指しています。

連絡先 その他

担当者 医学部附属病院事務部 総務課 人事給与担当 川越(かわごえ)
 電話 096-373-5913
 FAX 096-373-5906
 メールアドレス byo-jinji@jimu.kumamoto-u.ac.jp
選考方法 筆記試験及び面接による選考
【採用試験要項等の請求方法】
本院ホームページの「職員募集」からダウンロード
http://www.kuh.kumamoto-u.ac.jp/etc/recruit/
※2019年度分は現時点では未掲載

先輩からのメッセージ

吉本 彩香さん
西病棟11階(血液内科)
看護師

 当院はPNS看護方式を導入し、先輩看護師とペアを組んで看護を行っています。日々知識・技術を学びながら、少しずつですができることが増えてきました。私のプリセプターの看護師は患者様からの信頼も厚く、患者様と目標を共有し病気の回復や今後の生活について一緒に考え看護を行っています。私も先輩看護師のような看護師になれるよう日々研鑽を続けています。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしております。

樋口 侑紀さん
東病棟6階(心臓血管外科、循環器内科)
看護師

 県内唯一の大学病院、特定機能病院で高度急性期の医療を提供している当院に入職し、当初とても不安でした。しかし、優しい先輩方や他職種の方々に多くのことを教えてもらったり、患者様との関わりも学びが多く、毎日が充実しています。当院では教育体制が充実しており、3年前よりPNSが導入されたことで、新人看護師でも安心してスキルアップを図ることができます。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。


熊本日日新聞社 くまにちコム

Copyright(c)2018 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
本ページに掲載の記事、写真等の著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、あるいは正しく表示されない場合もあります。