熊本赤十字病院

所在地
〒861-8520 熊本市東区長嶺南2丁目1-1
ホームページ
http://www.kumamoto-med.jrc.or.jp/

施設概要

●設立年月 1944年4月
●病院長 平田 稔彦
●看護部長 東 智子
●病床数 490床
●職員数 1,456名(うち看護職員689名)
●看護方式 固定チームナーシング、継続受け持ち制、パートナーシップ
●看護配置 7対1
●外来患者数 (1日平均)1,279名
●入院患者数 (1日平均)447名
●診療科目 総合内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、血液腫瘍内科、小児科、小児外科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、乳腺内分泌外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、放射線治療科、産婦人科、麻酔科、救急科、病理診断科、歯科、歯科口腔外科、精神腫瘍内科

関連施設

日本赤十字社熊本県支部 熊本市東区長嶺南2丁目1-1

熊本県赤十字血液センター 同上

日本赤十字社熊本健康管理センター 同上

施設の特徴

 1944年、日本赤十字社発祥の地である熊本に誕生した当院は「人道・博愛・奉仕の実践」の基本理念のもと、私たちの願いであり目標でもある、「すべての大切な命を守るため」に施設・設備の充実を図るとともに様々な人材を集め、常に質の高い医療を提供する努力を続けています。
 救急医療と小児医療の機能拡充のため、2012年には熊本県ドクターヘリ基地病院としてドクターヘリの運航を開始し、また同年に小児集中治療室(PICU)を併設した「こども医療センター」及び「総合救命救急センター」を開設しました。この充実した環境の中で「断らない救急」の実現を目指し、24時間体制で救急患者を受け入れています。
 また、地球的視野で災禍を見つめ、国内外を問わず、積極的に医療救援活動に参加しており、救援要員の育成、救急手段の研究・開発にも力を入れています。

看護理念・目標

●理念
 人間に対する尊厳と愛をもって…
 一人一人の患者さんを大切に個別的で継続的な責任ある看護を提供いたします。

●目標
 1.看護対象とその家族そして地域の人々への最良の看護サービスを提供する。(ケア)
 2.優れた看護を提供できるように、看護職を育み支援する環境を作る。(環境づくり)
 3.学生や研修生に看護職としての模範を示し、臨床経験の場を提供する。(教育)
 4.医療や看護の改善のための調査研究を行い、結果を活用する。(調査・研究)
 5.赤十字看護師として、赤十字の理念・原則を理解し、国内外の災害救護に従事できる救護員を養成する。(赤十字活動)
 6.医療・保健・福祉の動向に目を向け、看護の専門職業人としての能力開発に努め、看護の質の向上を図る。(自己研鑽)

求人情報・勤務条件

  2019年4月採用計画 2018年4月採用実績 2018年度中途採用予定
看護師 約50名 54名 若干名
准看護師
保健師
助産師 若干名 1名

勤務条件

初任給 《看護師》
 (大学卒)211,900円
  (3年課程卒)206,400円
  (2年課程卒)197,100円
《助産師》 211,900円
※既卒者(経験者)については、経験年数に応じて加算があります。
諸手当 通勤手当・住居手当・扶養手当・時間外手当・深夜手当・特殊勤務手当 等
賞与 年2回(6月・12月) 4.3ヶ月分(夏1.95、冬2.35) ※2017年度実績
勤務時間 《日勤》8:15~17:30
《長日勤》7:30~19:50
《夜勤1》17:00~翌9:00
《夜勤2》19:30~翌7:50
※その他、遅出勤務あり
休暇等 年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、結婚休暇、出産休暇、介護休暇、育児休業、子の看護休暇、年次有給休暇、創立記念日、永年勤続休暇、ボランティア休暇 ※その他、各種休暇
福利厚生 社会保険(健康保険、厚生年金、日赤厚生年金基金)、雇用保険、労災保険、退職金制度、定期健康診断(年2回)、各種予防接種、職員駐車場、職員食堂、職員宿舎、院内病児・病後児保育室、院内保育所、院内職員用浴室、福利厚生施設(院内トレーニングルーム、リラクゼーションルーム、音楽室、テニスコート、グラウンド)、制服貸与制度、各種保険等団体割引制度、互助会、各種クラブ活動あり
就業後の教育体制

〈教育理念〉
ひとも自分も大切にし、共に学びや成長を支えあう“育み育まれる”共育の実践。

〈キャリア開発ラダーによる看護師の育成〉
ひとりひとりが看護実践能力を段階的に開発していくことを支援する継続教育システムを導入。
新人看護師の教育は、入社後1年を5期に分け、各期の目標達成に向けてoff-JT、OJTを行っています。チューターや教育担当者だけでなく、全職員で成長を支援します。

〈その他の教育支援〉
赤十字救急法等の指導員や国際活動要員、専門・認定看護師、看護管理者の育成、各種学会・研修会・セミナー等への参加、赤十字看護大学大学院への進学など、様々な支援があります。

連絡先 その他

担当者 人事課 古川(ふるかわ) 宙卓(ひろたか)
 電話 096-384-2157(人事課 直通)
 FAX 096-384-3939
 メールアドレス zinzi@kumamoto-med.jrc.or.jp
選考方法 書類選考、面接試験
【採用試験要項等の請求方法】 募集要項、履歴書等は当院ホームページから指定書式をダウンロードしてください。(H30.4月頃掲載予定)

先輩からのメッセージ

足立 雅彦さん
5階東病棟

 整形外科・形成外科の病棟で勤務しています。ドクターヘリの運用に伴い多発外傷の患者さんの入院が多くなりました。手術後、リハビリが進むにつれてADLの拡大が図れるようになったとき、患者さんと共に喜びを感じられることでやりがいを感じています。新人教育は年間研修プログラムを組んでおり、新人看護師として成長できるよう病院全体で支援しています。看護師として成長できる当院で一緒に働ける日を心よりお待ちしています。

尾関 智美さん
8階東病棟

 呼吸器内科、内科、皮膚科病棟で勤務しています。高齢で重症な患者さんも多い病棟で、入院から退院までの生活を見据えて看護を行うことで、回復した患者さんを見るとやりがいを感じます。またユマニチュードという認知症患者に対するケア方法を習得し、スタッフと共にスキル浸透に取り組んでいます。これにより、患者さんの機能を引出し、スタッフも楽しくケアを行うことができています。一緒に看護ができる日を楽しみにしています。


熊本日日新聞社 くまにちコム

Copyright(c)2018 Kumamoto Nichinichi Shimbun. All rights reserved.

無断転載は禁じます。
本ページに掲載の記事、写真等の著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
一部の文字は本来の表記と異なる場合があります。
ブラウザによっては情報の一部が欠如、あるいは正しく表示されない場合もあります。